172号 2020年 春

特集 梅棹忠夫生誕100年記念
「1970年、梅棹忠夫が見ていた未来」

2020年は梅棹忠夫生誕100年、そして大阪万博50年にあたります。1970年当時は未来に関する論考が多く登場しました。梅棹氏は「明るいペシミスト」を自称し、人類の未来に悲観的ではあったけれど、知の追求だけが人類の希望だと考えていたのではないでしょうか。『知的生産の技術』はそれを支える技術と言えます。当時梅棹忠夫氏が見ていた未来を、未来学の提唱、大阪万博との関わり、知的生産の技術、の三点から探ります。

2020(令和二)年4月25日発行 
発行所:一般財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。

171号 2020年 冬

特集 先住民のいま

民博は創設以来、世界各地の先住民の社会、生活、文化に密着して調査研究を重ねてきました。2020年3月19日から特別展「先住民の宝」が開催されるのにあわせて、世界各地で先住民とされる人びとの歴史、生活文化、権利回復運動など、現在の先住民の姿と世界との関わりを紹介します。

2020(令和二)年1月25日発行 
発行所:一般財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。