最新号 : 165号 2018年 夏

国立民族学博物館創設時のコレクションのひとつに、大阪万博での展示のために収集された大阪万博関連資料があります。梅棹忠夫、泉靖一の指揮のもと多くの若き人類学徒が世界各地で収集活動を行ったこのプロジェクトのきっかけをつくったのが岡本太郎です。岡本太郎は、太陽の塔をはじめとした多くの芸術作品で知られているが、若き日にパリで民族学を学んだ民族学者の一面をもっています。本特集では民族学者としての岡本太郎に焦点を当て、民族学および民族学博物館が21世紀にいかなる可能性をもっているのかを探ります。

2018(平成30)年7月25日発行 
発行所:一般財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。

 

 


雑誌『季刊民族学』は、「国立民族学博物館友の会」の会員であるところの、教養ある市民の家庭に世界の諸民族の社会と文化に関する正確な情報を、 学術研究の成果にもとづきつつ、平易で興味ぶかい表現で提供しようとするものである。 いうならばそれは「家庭学術雑誌」ともいうべき、あたらしいジャンルの刊行物となることを目ざしている。(中略) 充実した研究者陣の監修・協力のもとに、雑誌『季刊民族学』は、自信をもって良質の情報を市民に提供するものである。 話題のとりあつかいにおいては、ひろい視野、新鮮なアングル、シャープな焦点、そして徹底したほりさげ、などの点をモットーとして、 一般ジャーナリズムとは異質な方向のものを実現したいとねがっている。

「『季刊民族学』創刊のことば」より