【中止】臨時休館に伴うの友の会の催し(2020年5~7月)

国立民族学博物館は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2月28日(金)より臨時休館を継続しておりましたが、大阪府への緊急事態宣言の解除を受けて、6月中旬の再開を目標に準備を進めております。

5月~7月のあいだに募集開始ならびに開催を予定しておりました友の会の催しは、下記日程での実施を見合わせることといたしました。延期する場合は決定次第、改めてご案内いたします。(2020年5月27日)

■友の会講演会
・5/9(土)梅棹忠夫生誕100年記念対談
 「知的生産のフロンティアの原点ー探検家 梅棹忠夫を語る」
・6/6(土)
 「アヌココロ アイヌ イコロマケンル」
・7/4(土)
 「植物と人の関わりータケ科植物、ヤシ科植物の道具利用を中心に」

■東京講演会
・6/13(土)会場:モンベル御徒町店
 「出会いの堆積としてのスワヒリ世界、その歴史と文化」

■体験セミナー
・70年万博50周年記念 万博記念公園内施設 見学→中止を決定。
・国立アイヌ民族博物館 訪問→2021年度への延期を決定。

■民族学研修の旅
・「インド洋交易の拠点、ザンジバル島とキルワ島を歩く」
 →2021年度への延期を決定。

【8月1日】第498回友の会講演会「福音以前の祖先の救済―キリシタン時代の日本」

演題
「福音以前の祖先の救済―キリシタン時代の日本」

内容
フランシスコ・ザビエル一行は1549年に来日し、神が人類に与えた救済のメッセージを日本人にも伝えようとしました。宣教師たちは福音を受け入れる人びとは死後救済されると説きましたが、日本人が懸念したのは、すでに亡くなった祖先の救済でした。神が全世界の創造主であり、全人類の救済者であるなら、なにゆえ日本における福音の公示がこれほど遅れたのか、という彼らの問いに、ザビエルらはどう答えたのでしょうか。

南蛮寺、《南蛮屏風》部分、16世紀末、リスボン美術館(出典:Wikimedia Commons)

講師
齋藤 晃(国立民族学博物館教授)

日時
2020年8月1日(土)
13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 
第5セミナー室

定員
96名(当日先着順)

備考
■友の会会員:無料、一般:500円

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、急遽予定を変更する場合がございます。最新情報は、友の会のホームページに随時掲載してまいります(2020年6月1日)。

【予告】オンラインレクチャーの配信について(6月より順次公開予定)

6月より順次公開予定!
千里文化財団の理事長でもある中牧先生のミニレクチャーを、友の会のホームページで動画配信します。いつでもどこでも友の会をお楽しみください。

話者:中牧 弘允(千里文化財団 理事長、国立民族学博物館名誉教授)

【第1回】
梅棹忠夫が残した「こざね」とはどういうものか
民博初代館長 梅棹忠夫が残した「こざね」と称する手書きのメモ。知的生産のために駆使した技術のひとつです。その「こざね」を手がかりに、幻に終わった著作『日本人の宗教』の復元にいどみました。初回は「こざね」とはどういうもので、どう使うのかを紹介します。

【第2回】
「こざね」から復元する梅棹忠夫の『日本人の宗教』
梅棹忠夫アーカイブズに残された約350枚の「こざね」。梅棹はそれを並べ、つながりのあるものをまとめ、配列しながら『日本人の宗教』の構想を固めていました。その一例として「箱段方式」と名づけたモデルを紹介します。

===
5月上旬に予定していた下記プログラムは、諸般の事情により公開を延期することになりました。公開の目処が立ちましたら、改めてご案内いたします。

■動画配信(5月公開予定)
「イギリスとオーストラリアをつなぐ風」→延期
話者:久保正敏(国立民族学博物館名誉教授、千里文化財団専務理事)
===

【5/6重要なお知らせ】国立民族学博物館の臨時休館について(延長のお知らせ)

国立民族学博物館の臨時休館について(2020.5.6更新)

国立民族学博物館(みんぱく)は、新型コロナウィルスによる感染症の拡大を防止する観点から、2月28日(金)〜5月6日(水・振)まで臨時休館をしておりました。同様の観点から、5月7日(木)以降も引き続き当面のあいだ臨時休館いたします。図書室も臨時閉室します。
開館の時期等については、今後の状況に応じてあらためてみんぱくホームページに掲載いたします。

https://www.minpaku.ac.jp/
(臨時休館を踏まえた館長のコメント、特別展や企画展の予定等も掲載しております)

同様に友の会の催しも当面のあいだ、中止もしくは延期いたします。最新情報は決まり次第、友の会ホームページに掲載いたします。
なお、4月20日(月)の段階で、友の会が主催する6月までの催しはすべて、中止もしくは延期することを決定しております。

長期間の休館となり、みなさまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願い申しあげます。

【4/2重要なお知らせ】臨時休館に伴う友の会の対応につきまして

新型コロナウイルス感染症対策による
みんぱく臨時休館に伴う
友の会の対応とご継続につきまして

 現在、新型コロナウイルス感染症対策により、みんぱくおよび友の会でも、月刊みんぱく』4月号に同封しましたご案内のとおり、臨時休館・催しの中止または延期が続いております。友の会事務局では、友の会活動の継続を目指し、刊行物の制作及びお届けを行っております。ご入館いただけない状況が続いていることにつきましては、みなさまに何らかのかたちで臨時休館期間に伴う対応を検討中でございます。みんぱくの開館に見通しがつきましたら、改めて詳細をご案内いたします。大変ご迷惑をおかけいたしますが、引き続きご継続にご理解くださいますよう何卒よろしくお願い申しあげます。