【8月1日】第503回友の会講演会「福音以前の祖先の救済―キリシタン時代の日本」

【7月7日:開催方法が決まりました】
第503回友の会講演会は下記2種類の方法で開催させていただきます。
(1)民博館内講堂にてご聴講
(2)上記講義のオンライン配信でのご聴講
聴講ご希望の方は、電話、FAX、下記予約フォームより事前にお申し込みくださいませ。

7月7日 11時の時点でご予約いただいている方には、優先的にお席をご用意させていただきます。個別に聴講方法のご希望を確認させていただきますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

演題
「福音以前の祖先の救済―キリシタン時代の日本」

内容
フランシスコ・ザビエル一行は1549年に来日し、神が人類に与えた救済のメッセージを日本人にも伝えようとしました。宣教師たちは福音を受け入れる人びとは死後救済されると説きましたが、日本人が懸念したのは、すでに亡くなった祖先の救済でした。神が全世界の創造主であり、全人類の救済者であるなら、なにゆえ日本における福音の公示がこれほど遅れたのか、という彼らの問いに、ザビエルらはどう答えたのでしょうか。

南蛮寺、《南蛮屏風》部分、16世紀末、リスボン美術館(出典:Wikimedia Commons)

講師
齋藤 晃(国立民族学博物館教授)

日時
2020年8月1日(土)
13時30分~14時40分

開催方法
(1)民博館内講堂にてご聴講
(2)講義のオンライン配信でのご聴講


(1)民博館内講堂にてご聴講
会場:講堂
定員:110名(要予約)
参加費:会員無料(対象は下記会員種別)、一般500円
 維持会員、正会員、家族会員、ミュージアム会員、キャンパスメンバーズ
 特別フリーパスをお持ちの方
※開催5日前を目安に参加票をお送りします。当日会場受付にて参加票をご提示ください。
※感染症対策を踏まえ人数制限を設けております。空席があった場合のみ、当日受付をさせていただきます。

(2)オンライン配信でのご聴講
パソコン、スマートフォン、タブレット端末をお持ちの方に限ります。
定員:60名
参加費:会員無料(対象は下記会員種別)
 維持会員、正会員、家族会員、ミュージアム会員、キャンパスメンバーズ
 特別フリーパスをお持ちの方
※開催5日前を目安に聴講方法についてご案内いたします。

新型コロナウイルス感染症の予防を踏まえ、感染防止対策を講じつつ、準備をすすめてまいります。
何卒、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

★予約フォーム:必須項目は必ずご入力ください。新型コロナウイルス感染症予防の観点より、急遽予定が変更となる可能性がございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申しあげます。


内容確認画面

上記の内容で送信します。
よろしければ送信ボタンを押してください。






【中止】7月4日(土)友の会講演会は休会いたします。

7月4日(土)は第1土曜日ですが、友の会講演会はお休みとなりますのでご了承ください。
 
6月18日(木)より国立民族学博物館は再開いたしましたが、当面、新型コロナウイルス感染症の予防の観点から、館内催しはの実施は控えております。
館内催しの再開については、みんぱくホームページをご確認ください。
ご心配とご不便をおかけしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【延期】第499回 トーテムポール―カナダ北西海岸先住民の宝

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、本催しは残念ながら中止させていただくことになりました(2020年3月25日)。

本講演会は10月に延期して開催予定です。
会場等詳細は、決まり次第本ページでご案内いたします(2020年6月20日)。

演題
【特別展「先住民の宝」関連】
「トーテムポール―カナダ北西海岸先住民の宝」

内容
北アメリカ北西海岸地域にある先住民の村々には、動物や人間などの姿を彫りこんだ巨大な木柱が、多数立てられています。それらはトーテムポールとよばれ、現在、ハイダやクワクワカワクゥなど各民族の宝であり、象徴です。トーテムポールとは何か、その歴史的変遷、現在の制作状況とそれに関連するポトラッチ儀礼について解説します。あわせて、みんぱく前庭に立っている新旧2本のトーテムポールの製作について紹介します。

講師
岸上 伸啓
(民博教授[併任])

キャンベルリバー博物館のトーテムポール。2018年8月(提供・岸上伸啓)岸上 伸啓(人間文化研究機構理事・国立民族学博物館教授)

日時
2020年4月4日(土)
13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 
第5セミナー室

定員
96名(当日先着順)

備考
■友の会会員:無料、一般:500円

【延期】第500回 知的生産のフロンティアの原点―探検家 梅棹忠夫を語る

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、本催しは残念ながら中止させていただくことになりました(2020年3月25日)。

本講演会は10月に延期して開催予定です。
会場等詳細は、決まり次第本ページでご案内いたします(2020年6月20日)。

演題
【第500回友の会講演会・梅棹忠夫生誕100年記念対談】
「知的生産のフロンティアの原点―探検家 梅棹忠夫を語る」

内容
国立民族学博物館初代館長 梅棹忠夫は、知的生産的活動において常に新領域を開拓し続けました。知的生産のフロンティアを歩きつづけた梅棹忠夫ですが、研究の根は山からはじまり、その原点は探検にあると述べています。本講演では、探検家としての梅棹忠夫に焦点を当て、石毛直道第三代館長と吉田憲司第六代現館長の対談をとおしてその思想の源をさぐります。

話者
 石毛 直道(民博第3代館長)
 吉田 憲司(民博第6代現館長)
ファシリテーター
 飯田 卓(民博教授)

日時
2020年5月9日(土)
13時30分~15時00分

場所
国立民族学博物館2階 
講堂

定員
450名(当日先着順)

備考
申込方法・参加料等詳細は確定次第ご案内いたします。

【中止】第498回 災害を伝える

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、本催しは残念ながら中止させていただくことになりました。
現時点、延期の目途はたっておりませんが、日を改めて開催する場合は、みんぱく友の会のホームページ等で改めてご案内いたします(2020年3月25日)。

演題
災害を伝える

内容
2020年1月17日で、阪神・淡路大震災から25年となります。この間だけでも、国内外で多くの災害が発生し、そのたびに体験や教訓を伝えていくことの大切さが叫ばれてきました。1月末に神戸で開催される「世界災害語り継ぎフォーラム」のお話をまじえながら、「災害を伝える」ことについて、そのさまざまな試みや課題について考えてみましょう。
※講演会終了後、講師を囲んで懇談会をおこないます(40分)。

阪神淡路大震災1.17のつどい[神戸市中央区東遊園地(撮影・林勲男)


講師
林 勲男
(国立民族学博物館教授)

日時
2020年3月7日(土)
13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 
第5セミナー室

定員
96名(当日先着順)

備考
■友の会会員:無料、一般:500円