第479回 ヒンドゥー教祭礼の読み解き方

演題
【第92回民族学研修の旅関連】
ヒンドゥー教祭礼の読み解き方

女神祭礼の期間に祀られる女神像。これはウダイプルの様子。街と郊外では祭礼の趣きが異なる(提供・三尾稔)

内容
 ヒンドゥー教祭礼は、さまざまな神話上の出来事が起こったとされる日に合わせ、その出来事を人びとが再現したり祝ったりすることを基本とします。また、祭礼のタイミングは、農業や商業をはじめとした生業のサイクルの節目にあたることが多く、その節目ごとの豊穣や繁栄への願いも込められています。講演ではインド北西部の1年の祭事暦を例とし、ひとつひとつの祭礼がなぜ、どんな思いを込めて挙行されるのか、読み解いてゆきます。

※講演会終了後、講師を囲んで懇談会(40分)をおこないます。※6月23日(土)同内容の講演会を東京でも開催します(第123回東京講演会参照)

講師
三尾 稔(国立民族学博物館教授)

日時
2018年7月7日(土) 13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 第5セミナー室

定員
96名(先着順)

備考
■友の会会員:無料、一般:500円

第478回 カフィル・カラ遺跡とゾロアスター教ー発掘調査で出土した木彫り板絵から読み解く

演題
カフィル・カラ遺跡とゾロアスター教ー発掘調査で出土した木彫り板絵から読み解く

内容
 カフィル・カラ遺跡は、中央アジアのシルクロード都市サマルカンド(ウズベキスタン共和国)から南東方向に30キロメートルほど離れた場所に立地しています。遺跡から発掘された木彫り板絵には、獅子に乗った姿の女神ナナ、捧げものや燭台をもつ人、琵琶・竪琴・角笛の奏者などが彫り込まれています。女神ナナは、ゾロアスター教の中心的な神であったと考えられており、本講演では板絵の図像について遺跡の性格と絡めながら紹介します。

※講演会終了後、3次元レーザースキャナーを使った3D計測を実際におこないます(40分)。

講師
寺村 裕史(国立民学博物館准教授)

日時
6月2日(土) 13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 第5セミナー室

定員
96名(先着順)

備考
■友の会:無料、一般:500円

木彫り板絵発見時の発掘調査風景(提供・寺村裕史)

第477回 富士山―水と世界遺産を考える

演題
【第79回体験セミナー関連/みんぱく名誉教授シリーズ】
富士山―水と世界遺産を考える

 

忍野八海の涌池における富士山の湧水(提供・秋道智彌)

内容
富士山は2013年6月22日、第37回世界遺産委員会において「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」としてユネスコの世界遺産に登録決定されました。世界遺産の構成遺産は25あり、このうち富士五湖、忍野八海、白糸の滝、富士山本宮浅間神社など、水と関わりのあるサイトは半数以上に達します。富士山に降った雨や雪は地下に浸透し、湧水として湧き出す。富士山の水と生活や文化、信仰との関わりの歴史を振り返り、世界遺産としての意味を考えます。

※講演会終了後、講師を囲んで懇談会(40分)をおこないます。

 

講師
秋道 智彌
(山梨県立富士山世界遺産センター所長、国立民族学博物館名誉教授)

日時
2018年5月5日(土・祝) 13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 第5セミナー室

定員
96名(当日先着順)

備考
■友の会:無料、一般:500円

 

第476回 文化遺産としての日本万国博覧会ー人類と進歩の調和を再考する

演題
【開館40周年記念特別展「太陽の塔からみんぱくへー70年万博資料」関連】
文化遺産としての日本万国博覧会ー人類と進歩の調和を再考する

内容
1970年に開催された日本万国博覧会は、世界77カ国が参加し、183日間の会期中に6420万人が入場した昭和の国民的イベントでした。あれから約半世紀、当時のテーマ館の地下展示場を飾った民族資料が国立民族学博物館で再び展示される今春、あらためて万博とはなんだったのかを考えてみたいと思います。万博のテーマとして設定された「人類の進歩と調和」の意味を、太陽の塔と世界各地から集められた民族資料を手掛かりに考察します。

※講演会終了後、特別展の見学会をおこないます。(40分。要友の会会員証、もしくは展示観覧券)

当時の太陽の塔は屋根を貫通していた(提供・大阪府)

講師
鈴木 紀(国立民族学博物館准教授)

日時
4月7日(土) 13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 第5セミナー室

定員
96名(先着順)

備考
■友の会:無料、一般:500円
※展示見学会に参加の方は会員証もしくは展示観覧券をご提示ください。

第475回 藤戸竹喜の世界を深く知るために

演題
【開館40周年記念企画展アイヌ工芸品展「現れよ。森羅の生命(いのち)―木彫家 藤戸竹喜の世界」関連】
藤戸竹喜の世界を深く知るために

内容

最新の連作「狼と少年の物語」と藤戸竹喜氏
(撮影:齋藤玲子)

氏(1934~)は、旭川を拠点に「熊彫り」を生業としていた父のもとで12歳から木彫を始め、30歳で道東の阿寒湖畔に民芸品店とアトリエを構えて独立。熊を原点としつつ、狼や鹿など北国の野生動物とアイヌ文化伝承者の姿を木に刻み、繊細さと大胆さが交差する独自の世界を築いてきました。これらの作品は、いつ・どのように生まれたのか、ご本人からうかがった幼少時や青年期の話などを交えて、紹介します。

※講演会終了後、企画展の見学会と映像鑑賞会を交代制でおこないます。

講師
齋藤 玲子(国立民族学博物館准教授)

日時
3月3日(土) 13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 第5セミナー室

定員
80名(先着順)

備考
■友の会:無料、一般:500円
※展示見学会に参加の方は会員証もしくは展示観覧券をご提示ください。