日本万国博覧会記念公園シンポジウム2021 「人類・いのち・万博-1970から2025に向けて」

本催しは事前予約制です。末尾記載の受付フォームよりお申し込みください。

日本万国博覧会記念公園シンポジウム2021
「人類・いのち・万博-1970から2025に向けて」

大阪万博(EXPO’70)開催から50年の節目にあたった2020年は、新型コロナウィルス感染症の蔓延により、世界が一変し、人類が未知の脅威に立ち向かう年になりました。EXPO’70が生み出したレガシーである万博記念公園と国立民族学博物館が協働してシンポジウムを開催します。、「人類の進歩と調和」をテーマとしたEXPO’70から、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとしたEXPO 2025への展開をふまえ、「人類・いのち・万博」をテーマに、EXPO 2025、さらにその先の未来について議論します。

チラシ表面 チラシ裏面

開催日
2021年11月23日(火・祝)
13時~16時40分(12時30分開場)

会場
国立民族学博物館 本館 インテリジェントホール(講堂)
※要事前申込先着順、無料(会場参加は要展示観覧券)

参加方法
①会場でのご参加(定員160名)
②オンライン(ライブ中継)でのご参加

一般受付期間
2021年10月1日(金)~11月16日(火)

プログラム
13:00  主催者挨拶:中牧弘允(千里文化財団理事長)
13:10  シンポジウム開催にあたって:吉田憲司(国立民族学博物館長)
13:40  提言1)すべての「いのち」が輝く社会実現への共創活動:西尾章治郎(大阪大学総長)
14:00  提言2)万博におけるアフリカ表象:ウスビ・サコ(京都精華大学学長)
14:20  提言3)人類の進化といのちのつながり:山極壽一(総合地球環境学研究所所長)
14:40  提言4)オリンピックと万国博:井上章一(国際日本文化研究センター所長)
15:00  休憩(10分間)
15:10  パネルディスカッション:ファシリテーター:吉田憲司(国立民族学博物館長)
16:40  閉幕

※新型コロナウイルス蔓延の状況、ならびに都合により、当日プログラムを変更する場合が
ありますので、あらかじめご了承ください。

主催:公益財団法人千里文化財団
共催:国立民族学博物館、大阪府、
   公益財団法人関西・大阪21世紀協会
後援:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
協力:大阪モノレール株式会社、
   万博記念公園マネジメント・パートナーズ


11月23日のシンポジウムに参加ご希望の方は下記内容を入力してください。必須項目は必ず入力してください(一両日中に返信がない場合はご連絡ください。


    内容確認画面

    よろしければ「確認済」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押してください。送信が完了すると受付フォーム最上部に完了通知が表示されます。


    「友の会ニュース」267号(2021年7-8月号)

    7、8、9月の催しを中心に掲載しております(掲載情報は2021年6月18日時点の確定内容)。

    国立民族学博物館は、緊急事態宣言の発出を受け、4月25日(日)より臨時休館しておりましたが、6月24日(木)より再開いたしました。
    催し物には、開催方法の変更、もしくは中止となったものがあります。
    最新情報は、随時、みんぱくならびに友の会のホームページをご確認ください。



    ★紙面をクリックすると全ページのPDFをご覧いただけます。


    「友の会ニュース」266号(2021年5-6月号)

    6、7月の催しを中心に掲載しております(掲載情報は2021年4月22日時点の確定内容)。

    国立民族学博物館は、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、4月25日から当面の間、全館を臨時休館することになりました。266号に掲載している催しについても、開催方法が変更または中止となるものがあります。
    最新情報は、みんぱくならびに友の会のホームページをご確認ください。

    ★紙面をクリックすると全ページのPDFをご覧いただけます。




    「友の会ニュース」265号(2021年4月号)

    友の会事務局である千里文化財団の公益財団法人移行のお知らせとともに、4、5月の催しの案内を掲載しております(紙面をクリックすると全ページのPDFをご覧いただけます)。




    「友の会ニュース」264号(2021年3月号)

    3月、4月を中心に、友の会講演会の詳細のほか、特別展や館内催しの詳細をご案内いたします(紙面をクリックすると全ページのPDFをご覧いただけます)。