【オンラインレクチャー】季刊民族学連動シリーズ 先生、教えてください!vol.1川瀬先生

2021年7月12日公開!
いつでもどこでもみんぱく友の会をお楽しみください!

◆オンラインレクチャー◆
先生、教えてください!
話者:川瀬 慈(国立民族学博物館准教授)
家庭学術雑誌『季刊民族学』176号の特集「隣りのアフリカ人」を企画、ご執筆いただいた川瀬慈先生に記事と関連したお話をインタビュー形式でうかがいました。(2部構成)。

 

【季刊民族学連動シリーズ 先生、教えてください!vol.1川瀬先生 前編】

【季刊民族学連動シリーズ 先生、教えてください!vol.1川瀬先生 後編】

【オンラインレクチャー】なぜ古代文明の建物は大きいのかー南米アンデス文明からの視点

2021年4月9日公開!
いつでもどこでも、みんぱく友の会をお楽しみください!

◆オンラインレクチャー◆
なぜ古代文明の建物は大きいのかー南米アンデス文明からの視点

話者:関 雄二(国立民族学博物館副館長)
世界の古代文明に共通するのは、巨大な建物、いわゆるモニュメントを築いたことです。その理由、そして大きくなったことにより、社会がどのように変貌したかについて、南米アンデス文明を例に解説したいと思います。

 

【オンラインレクチャー】感染症と文明ー現下のコロナ禍に思う

国立民族学博物館館長 吉田憲司先生のミニレクチャーを友の会のホームページで動画配信します。いつでもどこでも友の会をお楽しみください。

オンラインレクチャー
感染症と文明―現下のコロナ禍に思う
話者:吉田憲司(国立民族学博物館長)
人類史上、文明の転換点には常に感染症の拡大がかかわってきました。
人も情報も、地球規模で行きかう現代、新型コロナウイルスの蔓延という
未曽有の局面にたつわたしたちには、どのような智恵と感性が求められる
のでしょうか。吉田憲司館長がお話しします。
★視聴はこちら!

【オンラインレクチャー】梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」に寄せて

千里文化財団の理事長でもある中牧先生のミニレクチャーを、友の会のホームページで動画配信します。いつでもどこでも友の会をお楽しみください。

オンラインレクチャー
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」に寄せて

話者:中牧 弘允(千里文化財団 理事長、国立民族学博物館名誉教授)

【前編】
梅棹忠夫が残した「こざね」とはどういうものか
民博初代館長 梅棹忠夫が残した「こざね」と称する手書きのメモ。知的生産のために駆使した技術のひとつです。その「こざね」を手がかりに、幻に終わった著作『日本人の宗教』の復元にいどみました。初回は「こざね」とはどういうもので、どう使うのかを紹介します。
★視聴はこちら!

【後編】
「こざね」から復元する梅棹忠夫の『日本人の宗教』
梅棹忠夫アーカイブズに残された約350枚の「こざね」。梅棹はそれを並べ、つながりのあるものをまとめ、配列しながら『日本人の宗教』の構想を固めていました。その一例として「箱段方式」と名づけたモデルを紹介します。★視聴はこちら!
===
2021年5月上旬に予定していた下記プログラムは、諸般の事情により公開を延期することになりました。公開の目処が立ちましたら、改めてご案内いたします。
■動画配信(5月公開予定)
「イギリスとオーストラリアをつなぐ風」→延期
話者:久保正敏(国立民族学博物館名誉教授、千里文化財団専務理事)
===

【動画:配信期間終了】第500回記念友の会講演会・梅棹忠夫生誕100年記念対談「知的生産のフロンティアの原点―探検家 梅棹忠夫を語る」

本動画は配信期間を終了いたしました。
ご視聴、ありがとうございました。

2020年9月5日土曜日に国立民族学博物館講堂にて開催された下記催しの記録動画を公開します。
※本動画の公開期間は2021年3月末日までです。

【催し詳細】
【第500回記念国立民族学博物館友の会講演会・梅棹忠夫生誕100年記念対談】
「知的生産のフロンティアの原点―探検家 梅棹忠夫を語る」

日時:2020年9月5日(土)13時30分~15時30分
場所:国立民族学博物館2階 講堂
国立民族学博物館初代館長 梅棹忠夫は、知的生産活動において常に新領域を開拓し続けました。知的生産のフロンティアを歩きつづけた梅棹ですが、研究の根は山からはじまり、その原点は探検にあると述べています。本講演では、探検家としての梅棹忠夫に焦点を当て、石毛直道第3代館長と吉田憲司第6代現館長の対談をとおしてその思想の源をさぐります。