第88回 民族学研修の旅 映像がつなぐ人びとを訪ねて ─ 多民族国家ネパールの生活文化にふれる旅

第88回 民族学研修の旅 映像がつなぐ人びとを訪ねて ─ 多民族国家ネパールの生活文化にふれる旅

2017/01/08~01/15

■講師:南 真木人(国立民族学博物館准教授)

交流重視の8日間!国立民族学博物館(みんぱく)が撮りためた映像番組の取材先を訪問します!

北海道の1.8倍ほどの面積の国土に、標高差のある自然と、多様な価値観をもつ人びとが暮らしを営むネパール。バザールや楽師カーストの集落等、みんぱくが撮りためた映像番組んも取材先とともに、在住日本人の案内で医療や生業の現場を訪問する交流重視の8日間。縁ある人びとを訪ねて山地から平地、都市から地方へと移動し、自然と人びとの営みがともに多様なネパールの「いま」を体験します。

●本旅行の関連イベントを実施します。
旅行の同行講師である南真木人先生を講師に迎え、ネパールを身近に考える講演会、体験セミナーを実施します。

【大阪】第458回友の会講演会
2016年9月3日(土)「ネパール、『市民社会』を展望する」
【東京】第73回体験セミナー
2016年9月30日(金)「目と舌で知るネパール―映像鑑賞と国民食『ダール・バート』を手で食べる」
※会場、開催時間等詳細は、「友の会講演会」「体験セミナー」頁にてご確認ください。

第87回 民族学研修の旅 フィンランドとエストニアの原風景に出会う ─ 森の恵みと唄を愛する人びとを訪ねて

第87回 民族学研修の旅 フィンランドとエストニアの原風景に出会う ─ 森の恵みと唄を愛する人びとを訪ねて

2016年8月1日(月)~8月9日(火)

フィンランド東部の北カレリア地方、エストニア南東部のセトゥ地方―ともにロシアに隣接するこの地域では、民俗文化や宗教面でロシアの影響がみられるとともに、周縁の地であるがゆえに両国では失われた独特の文化が息づいています。

本旅行では、ヘルシンキやタリンといった主要都市とともに、このふたつの地域をめぐり、両国の原風景をさぐります。セトゥ地方では「セトゥ王国祭」に参加します。伝統歌唱「セトゥ・レーロ」はユネスコの無形文化遺産に登録されています。あわせて豊かな森林資源とともに育まれてきた「木の文化」にも注目します。伝統的な木造建築を見学するほか、自然散策の時間もしっかりご用意しました。

●本旅行の関連講演会を実施します。
旅行の同行講師である庄司博史先生を講師に迎え、近年、過疎化と多数派への同化の波のなかで、地域にとどまり、伝統文化を守ろうとする両地域の人びとの姿を追います。

・東京:2016年4月23日(土)/モンベル渋谷店
・大阪:2016年5月7日(土)/国立民族学博物館
※詳しくは、第454回友の会講演会、第115回東京講演会の案内をご確認ください。

第86回 民族学研修の旅 ※本旅行は定員に達しました。引き続きキャンセル待ちで受け付けております。 チョコレートのふるさとを訪ねて ─ カカオと人の4000年をメキシコにさぐる

第86回 民族学研修の旅
※本旅行は定員に達しました。引き続きキャンセル待ちで受け付けております。

チョコレートのふるさとを訪ねて ─ カカオと人の4000年をメキシコにさぐる

2016年2月13日(土)~22日(月)【10日間】

カカオを食用する文化の発祥地はメソアメリカです。スペイン人が進出する以前、カカオは、すり潰したカカオ豆とともにトウモロコシの粉や唐辛子、アチョテとよばれる食紅等を加え泡立てる、苦い「飲み物」として嗜まれていました。高価で、口にできたのは王や貴族のみ。実は薬効的価値をもち、儀礼や儀式にも登場しました。16世紀以降、カカオを食用する文化はヨーロッパに渡りましたが、メキシコでは今も、独自に味や姿を変えて、カカオが人びとに親しまれています。

本旅行では4つの文明の遺跡を見学し、カカオが珍重された16世紀以前のメキシコ社会を知ると同時に、カカオ農園やカカオに関する博物館、カカオ料理が並ぶ市場を訪問し、現在のメキシコの人びととカカオの関係にも着目します。和食と同じく、無形文化遺産にも登録されているメキシコ料理のひとつ、カカオをもちいたモレ料理も楽しみます。

●2015年10月10日(土)にJICA地球ひろば(セミナールーム600)で、関連講演会を実施します。 旅行の動行講師である八杉佳穂先生を講師に迎え、16世紀以前のメソアメリカにおけるカカオ利用についてお話をうかがいます。くわしくは東京講演会のご案内をご覧ください。

★本旅行は好評につき、たくさんのお申込をいただいております。
残席については、事務局までお問い合わせください。

第85回 民族学研修の旅 手仕事への回帰 ─ カンボジア、東北タイの機織りの現場をめぐる

第85回 民族学研修の旅 手仕事への回帰 ─ カンボジア、東北タイの機織りの現場をめぐる

2015/02/01~02/09

衣類をはじめ、人間生活に欠くことのできない「織り」。その技術は有史以前より広範な地域で受け継がれてきました。作業を効率よくするために多様な織機が生まれ、大量生産をも可能にする一方で、それ以前より続く手仕事の織りの作業には衰退著しいものがありました。しかし、一部の地域では、そうした手仕事を今でも目にすることができます。

第85回民族学研修の旅では、カンボジア、東北タイの村々をたずね、今も暮らしのなかで営まれている、手仕事の現場をめぐります。 各地の自然・生活環境に即して受け継がれてきた織りの技術、素材、その道具には、人びとの創意工夫の知恵を垣間見ることができます。手仕事の重要性や、人が自然と共生しながら生きてきた術を「織り」を通して考えてみたいと思います。

【前半】
カンボジアの伝統的な絹絣の復興につとめるIKTT(クメール伝統織物研究所)、そのIKTTがすすめる「伝統の森・再生計画」の拠点である「伝統の森」を訪問します。生糸づくりや染織のみならず、カイコを育てる桑や染料の素材となる植物の栽培、織機の製作まで絹絣の製作に必要な一連の行程をすべて、工房内でおこなっています。工房の運営は、内線を契機として途切れかけた「技術の継承」「就労支援」の役割も担っています。文化復興の在り方、カンボジアの歴史や社会背景にも目を向けます。

【後半】
東北タイの村々をめぐり、暮らしのなかで営まれている機織りの現場をめぐります。 藍染めや絣織り、ゴザ織りなど、私たち日本人とも共通する織りの仕事を目にすることができます。 自給自足的な営みがいまなお息づくこの地においても、伝統的な織物は急速に姿を消しつつあります。 ほか、アンコール遺跡群やトンレサップ湖の周遊、各地の博物館や市場も訪問します。 現地の名物料理や、伝統芸能なども楽しみます。

※第69回体験セミナーの関連企画です。
手仕事による機織りの現場を訪ねる旅(海外編)です。


第85回 手仕事への回帰-カンボジア、東北タイの機織りの現場をめぐる 実施報告

なお暮らしの中で一部として受け継がれている自給自足的な機織りの現場を求めて、カンボジアとタイ東北部へと足を運びました。


IKTT(クメール伝統織物研究所)では、織りにまつわる様々な仕事を見せていただき、また自給自足的な生活を体験させていただくとともに、ハンカチの染色もおこないました。
みなさん、個性的な仕上がり!


自宅の一室(土間のようなところ)で絣織りをおこなう女性。


訪問先の村ではいずこでも、規模大小を問わず、養蚕風景がみられました。

第84回 民族学研修の旅 梅棹忠夫のモンゴル調査をたどる旅 ─ 中国内モンゴルの草原と史跡をゆく

第84回 民族学研修の旅 梅棹忠夫のモンゴル調査をたどる旅 ─ 中国内モンゴルの草原と史跡をゆく

2014年9月8日(月)~14日(日)7日間

1944年から45年にかけて、梅棹忠夫は、現在の中国内モンゴル自治区で現地調査をおこないました。現在、河北省に編入されている張家口を出発し、グンシャンダク砂丘を越えてモンゴル人民共和国(当時)との国境ちかくまで北上し、西スニト旗をとおって戻ること六ヶ月の旅でした。この内モンゴル調査をきっかけに、梅棹は動物の生態から人間の営みへと、しだいに関心を移していったといわれています。第84回民族学研修の旅では、終戦後、梅棹が引揚げ時に持ちかえった調査記録をもとに、かれの調査行をたどり、内モンゴル社会の変容にも目を向けてみたいと思います。 是非ご参加ください。

※ 6/28(土)開催の第109回東京講演会は、事前学習にもなる機会です。こちらも併せて、お申し込みをお待ちしております。

■スケジュール
【9/8(月)】
空路、東京・大阪よりそれぞれ北京へ。着後、専用バスにて河北省北西部の町・張家口へ。 ※添乗員は大阪より同行し(往復)、東京からのお客様とは北京にて合流します。(張家口泊)

【9/9(火)】
午前中、張家口観光(日本統治時代の役所建物、張家口誌史グループとの交流、万里の長城の主要な門・大境門など)。その後、専用バスにて、内モンゴル自治区・錫林郭勒(シリンゴル)盟の正藍旗(上都鎮)へ。(上都鎮泊)

【9/10(水)】
朝、2012 年にユネスコ世界遺産に登録された元上都遺跡を見学。その後、グンシャンダク砂丘にて砂と植物を見学します。昼食は、砂丘の南麓に位置する風光明媚なジャガスタイ湖付近のゲルにて、モンゴル族の家庭料理(羊肉料理やミルクティー、ヨーグルトなど)をご賞味ください。その後、専用バスにて正鑲白旗(ミンアント鎮)へ。(ミンアント鎮泊)

【9/11(木)】
専用バスにて蘇尼特(スニト)左旗(マンダラト鎮)へ。途中、清代に建立された布日都(ブルト)廟を訪問。着後、ゲルク派の古刹貝勒(ベーリン)廟跡へ往復観光。(マンダラト鎮泊)

【9/12(金)】
終日、スニト左旗の観光(吉仁(ジャラン)廟跡、スニト博物館)など。(マンダラト鎮泊)

【9/13(土)】
専用バスにてシリンゴル盟の中心地・錫林浩特(シリンホト)へ。着後、シリンホト観光(モンゴル族の歴史・文化・生活習慣を展示する蒙元文化博物館、内モンゴルの四大寺院のひとつ貝子(ベイス)廟、額爾敦敖包(エルデニ・オボ)山)。(シリンホト泊)

【9/14(日)】
朝、航空機にて北京へ。着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。着後、解散。

みなさん、是非ご参加ください。


第84回 梅棹忠夫のモンゴル調査をたどる旅-中国内モンゴルの草原と史跡をゆく 実施報告

民博初代館長梅棹忠夫先生のモンゴル調査ルートをたどるため、中国内モンゴルを訪問しました。
併せて牧畜文化を対感することのできた7日間でした。


訪問先では、チーズや乳茶、馬乳酒と、いずれのお宅でもお手製の乳製品のもてなしをしていただきました。


牧畜民のゲルを訪問。
現代を生きる彼らは衛星放送を受信し、固定されたゲルに暮らしていました。


広大な土地。