季刊民族学182号 2022年秋

特集 モンゴルの写真家インジナーシの世界

 従来、アジアの国々は先進国の研究者や写真家によってまなざされ、写真記録が多く残されてきました。しかし現在、そうした国々でもみずからの社会の姿を鋭く切り取り発信する写真家たちが出てきています。本特集は、そのような一人、モンゴル気鋭の写真家 B. インジナーシ氏の作品を紹介しながら、従来の人類学者や写真家が撮影したモンゴル像と何が異なるのかを考察していきます。

目次
000 表紙「ホトゴイトの女性」写真:B. インジナーシ(写真家)
001 目次
002 表紙のことば 文:島村 一平(国立民族学博物館准教授)
003 特集 モンゴルの写真家インジナーシの世界
004 「はじめに 特別展『邂逅する写真たち』と写真家インジナーシ」島村 一平
008 「ウランバートル~北京~大阪」撮影:B. インジナーシ
022 「インジナーシの肖像」島村 一平
030 「インジナーシのまなざしにみるモンゴル社会の光と影」B. インジナーシ/港 千尋(写真家)/川瀬 慈(国立民族学博物館准教授)/島村 一平
044 「内から見たリアルと外から見たリアル」B. インジナーシ/清水 哲朗(写真家)/島村 一平
056 「二十四年ぶりのモンゴル展」万城目 学(小説家)
060 「民博グラック・コレクション収集者 ジェイ・グラックの足跡を辿る」黒田 賢治(国立民族学博物館助教)
068 「マウルクッは生きている――韓国全羅道の村祭りの現在」神野 知恵(人間文化研究機構人文知コミュニケーター・国立民族学博物館特任助教)
076 「ウクライナの歴史と文化――ロシアとのかかわりのなかで」伊東 一郎(早稲田大学名誉教授)
084 連載 モノから見た宗教の世界 最終回
「祈る、奏でる、歌う、再生する――信仰と音声再生機」長嶺 亮子(沖縄県立芸術大学芸術文化研究所共同研究員)
092 連載企画「モノから見た宗教の世界」最終回にあたって
「拡がる消費と宗教的なモノ」八木 百合子(国立民族学博物館准教授)
094 シリーズ 焼畑を再考する②
「焼畑から考える日本社会の未来」
野本 寛一(近畿大学名誉教授)/川野 和昭(元鹿児島県歴史・美術資料センター黎明館学芸課長)/池谷 和信(国立民族学博物館教授)

編集後記

 今号でウクライナの歴史と文化を解説しておられる伊東一郎氏、若い頃民博におられた氏の澄んだテノールを懐かしく思い出します。複雑で難解なウクライナ史解説によって得心したのが、黒海へのアクセスの有無。大西洋にもつながるルートがロシアの欲望の源か、と近年よく耳にする「地政学」が少しわかった気がします。
 地続きの大陸では、国境線がひんぱんに移動し、政治に翻弄されてきた人びとの苦労と、それに立ち向かうたくましさは、島国日本人には想像もおよびません。小松左京の『日本沈没』(光文社、一九七三年)は、海に守られひ弱な日本人が大陸に放りだされたらどうなるか、という思考実験を始めたところで終わってしまいましたが。
 今号の特集は、今春の特別展の振り返り。撮る者、撮られる者、見る者、の三角関係を生み出す写真について、撮影者、主催者、鑑賞者が写真展を再考し、それを読者がともに考える、という構図は、写真を多く掲載する『季刊民族学』にまさにうってつけ、と自賛した次第。
 この写真展のテーマのひとつは他者表象。メディア論が繰り返し語ってきたように、カメラのまなざしは撮る者と撮られる者との関係を確実に暴露すること、そして、植民地が拡大した一九世紀以降、いわゆる「旅行写真家」たちの写真などが、異文化に対して西欧の抱くイメージを増幅するのに加担してきたことを、この写真展でも再確認できました。
 それに対し自己表象の旗手インジナーシ氏の写真は、見る者に「社会の矛盾を伝え、少数者の声を伝える」のが基本。矛盾の解決方法を示唆するのもまた、氏の生い立ちで培われた、温かいまなざしに他なりません。それが伝わるからこそ、氏の写真が共感をよぶのでしょう。
 もうひとつのインジナーシ氏のテーマは、都市に集住するモンゴルの現実。ただ、都市に集住する人びとも、矛盾が高まり住みづらくなれば気楽にすみかを替える柔軟さをもっているのでは、とも思います。遊牧文化が根っこにあるモンゴルの人びとには、土地に固着しようとする日本人にはない、豊かな発想があるのではないでしょうか。それはウクライナ問題とも、重なってみえます。
(編集長 久保正敏)

 

2022(令和四)年10月31日発行
発行所:公益財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。