【募集】第500回 知的生産のフロンティアの原点ー探検家 梅棹忠夫を語る

★本講演会は、2020年5月に予定していた第500回友の会講演会を延期して開催するものです。

★友の会会員と一般で申込開始日が異なります。
末尾の申込フォームもしくは往復ハガキに必要事項をご記入のうえ、
お申し込みください(申込方法は下記をご確認ください)。

【申込開始日】 友の会会員:8月1日(土)
        一般   :8月7日(金)
        ※往復ハガキでの申込締切 8月20日(木)消印有効

演題
【第500回記念国立民族学博物館友の会講演会・梅棹忠夫生誕100年記念対談】
「知的生産のフロンティアの原点―探検家 梅棹忠夫を語る」

内容
国立民族学博物館初代館長 梅棹忠夫は、知的生産活動において常に新領域を開拓し続けました。知的生産のフロンティアを歩きつづけた梅棹ですが、研究の根は山からはじまり、その原点は探検にあると述べています。本講演では、探検家としての梅棹忠夫に焦点を当て、石毛直道第3代館長と吉田憲司第6代現館長の対談をとおしてその思想の源をさぐります。

クリックしてフライヤーPDF(両面)をダウンロード

対談
石毛 直道(民博第3代館長)
吉田 憲司(民博第6代現館長)
ファシリテーター
飯田 卓(民博教授)

日時
2020年9月5日(土)
13時30分~15時30分

場所
国立民族学博物館2階 
講堂

定員
105名(申込先着順)

申込方法
申込フォーム、もしくは往復ハガキでお申し込みください。
ご本人を含む2名様まで申し込みできます。
申込開始日は、友の会会員と一般(非会員)で異なります。
【申込開始日】 友の会会員:8月1日(土)
        一般   :8月7日(金)
        ※往復ハガキでの申込締切 8月20日(木)消印有効

●往復ハガキ(フライヤーPDFをご参考ください)
下記をご記入ください。
往診文面に①第500回記念友の会講演会 ②参加者氏名(ふりがな)※本人を含む2名まで ③会員番号 ※会員のみ ④住所(本人・同行者) ⑤電話番号(本人・同行者)⑥メールアドレス(任意)、返信宛名面に代表者様の住所・氏名をご記入のうえ、みんぱく友の会事務局までお送りください。
●申込フォーム
末尾受付フォームの画面に従って必要事項をご記入ください。

ご聴講にあたってのお願い
・本講演会では新型コロナウイルス感染症防止のため、前後左右に1席ずつ間隔をあけて、ご利用いただきます。そのため、座席は105席となります。また、講堂内でのお客様同士の会話は最小限にとどめていただきますようお願いいたします。
・お申し込み時にいただいた個人情報は本講演会および、新型コロナウイルス感染症対策に伴う情報提供にのみ使用いたします。

受付が完了すると参加票が自動返信されます。1両日中に返信がない場合はお問い合わせください。
一般の方のお申し込み開始日は8月7日(金)です。



内容確認画面

上記の内容で送信します。
よろしければ送信ボタンを押してください。