【受付中】第83回 旅する獅子、伊勢大神楽 総舞見学

★★体験セミナー(国内研修旅行)、3年ぶりの再会です!★★
みんぱくの映像番組「それでも獅子は旅を続けるー山本源太夫社中 伊勢大神楽日誌」公開関連企画です。映像視聴・レクチャー・現地訪問の3本をセットでお楽しみいただきます。


タイトル

旅する獅子、伊勢大神楽 総舞見学

画像をクリックするとPDFをご覧いただけます。

内容
伊勢大神楽とは、厄払いの獅子舞(ししまい)と「放下芸(ほうかげい)」とよばれる曲芸を演じながら、1年をとおして西日本各地を巡行する集団とその芸能を指します。この獅子舞を見ると伊勢参詣に代わるご利益があると信じられ、各地で受け入れられてきました。毎年12月24日に各地を巡行する5つの社中が参集し、三重県桑名市太夫の増田神社で獅子舞と放下芸を奉納します。講社にとって1年を締めくくる行事でもある、この増田神社の総舞をみなさんと一緒に見学します。映像・レクチャー・現地訪問の3本立てで伊勢大神楽に迫ります。

講師
神野 知恵(人文知コミュニケーター、国立民族学博物館特任助教)

現地訪問日
2022年12月24日(土)
★映像視聴・レクチャー・現地訪問の3本をセットでお楽しみいただく企画です。映像視聴・レクチャーの実施日についてはプログラムをご覧ください。

申込締切
2022年11月15日(火)

募集人数
20名(最少催行人数15名)※申込先着順

参加費
12,000円
※末尾記載の注意事項をご確認のうえお申し込みください。

【プログラム】※詳細はフライヤーPDFをご覧ください。
■step1 映像視聴:みんぱくの映像をご自宅で!
今年、みんぱく映像民族誌の新番組として「それでも獅子は旅を続けるー山本源太夫社中 伊勢大神楽日誌」が加わりました。新番組をはじめ、伊勢大神楽をテーマとするみんぱくの映像番組3本を、ご自宅でお楽しみいただきます。
〇配信期間:2022年11月25日(金)~12月2日(金 
<ご視聴いただく番組>
【新作】「それでも獅子は旅を続ける―山本源太夫社中 伊勢大神楽日誌」7252

「みんぱく村に神楽がやって来る!―伊勢大神楽ワークショップの記録」1762
「伊勢大神楽―獅子舞と放下」
7124
※お申込みいただいた方に視聴方法をお送りします。4桁の数字は番組番号です。

■step2 レクチャー:映像制作・調査の裏側に迫ります!
新番組制作の裏側、伊勢大神楽の総舞について、同行講師であり、新番組の監修者でもある神野先生にお話しいただきます。
話題:「旅する獅子、伊勢大神楽の一年を追う
    〜映像取材と総舞見学のよもやま話〜」

日時:2022年12月3日(土)10:30〜12:00
会場:国立民族学博物館 第3セミナー室
※講義の様子はオンラインでも配信します(12月3日〜12月23日)。お申し込みいただいた方に視聴方法をお送りします。

■step3 現地訪問:一年の総決算。伊勢大神楽 総舞を見学!
神楽師たちが繰り広げる妙技の数々をお楽しみください。
〇開催日:2022年12月24日(土)
〇訪問先:増田神社(三重県桑名市)
<当日のスケジュール>
JR桑名駅集合(10時頃)

場所取りをしながら総舞の奉納を待ちます。待ち時間は本企画限定の特製音声ガイドをお楽しみください。
12:30〜13:30 伊勢大神楽 総舞見学
       (終了後お獅子に頭を噛んでもらいましょう!)
13:30〜14:30 伊勢大神楽講社の方にご挨拶、お話をうかがいます。
JR桑名駅解散(15時頃)
お札伊勢大神楽風呂敷お守りをお持ち帰りいただきます。

注意事項
●オンラインでの聴講には、パソコンやタブレット等の機器と通信環境が必要です。
●参加費にはイヤホンガイド、増田神社までの公共バス運賃(往復)、旅行保険、初穂料(神楽師へのお礼)、聴講料が含まれます。野外での鑑賞となります。昼食(軽食)、防寒具をご持参ください。 
●伊勢大神楽講社の設ける感染症対策に則って総舞を見学します。総舞はコロナ禍前に比べ、受入人数や規模を縮小して実施されます。荒天の場合は無観客奉納となります(多少の雨は有観客奉納)。前日正午までに無観客での奉納が決まり、止むを得ず現地訪問をとりやめる場合には、参加費の半額を返金いたします。
●お客さまの都合でキャンセルされる場合には、ご利用いただいたプログラム・日数に応じてキャンセル料がかかります。
 

体験会員のご案内
友の会会員でない方は正会員(13,000円)もしくは体験会員(4,000円)にご登録ください。詳しくは友の会事務局までお問い合わせください。


    内容確認画面

    よろしければ「確認済」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押してください。



    【オンラインレクチャー】特別展みどころインタビュー 菊澤先生

    2022年9月13日公開!
    いつでもどこでもみんぱく友の会をお楽しみください!

    ◆オンラインレクチャー◆
    国立民族学博物館特別展『Homō loquēns しゃべるヒト ことばの不思議を科学する』みどころインタビュー!!
    話者:菊澤 律子(国立民族学博物館教授)
    国立民族学博物館にて、2022年9月1日~11月23日の期間で開催されている特別展のみどころを、国立民族学博物館教授 菊澤律子先生に伺いました!

    「国立民族学博物館特別展『Homō loquēns しゃべるヒト ことばの不思議を科学する』みどころインタビュー!!」

    「友の会ニュース」275号(2022年9-10月号)

    9、10月の催しを中心に掲載しております(掲載情報は2022年8月23日時点の確定内容)。
    最新情報は、随時、みんぱくならびに友の会のホームページをご確認ください。


    ★紙面をクリックすると全ページのPDFをご覧いただけます。


    【受付中/共催イベント】2022/10/29(土)日本万国博覧会記念公園シンポジウム2022「人類よ、どこへ行く?ポストコロナの世界を占う Quo vadis. homini?」

    画像をクリックするとPDFをダウンロードできます。

    下記催しを共催にて実施いたします。
    お電話でのお申込み・お問い合わせは当方で受け付けております。
    みなさまぜひご参加ください。

    名称
    国立民族学博物館 特別研究関連事業
    日本万国博覧会記念公園シンポジウム2022
    「人類よ、どこへ行く? ポストコロナの世界を占う Quo vadis homini?」

     内容
    新型コロナウイルス感染症はまたたく間にしてグローバルに広がり、いまも人類社会に甚大な影響を及ぼしています。社会に潜在していたさまざまな差別意識や矛盾が顕在化するなか、人類が近代に入って作りあげてきた制度や規範の意義と存在理由が、改めて問われています。 万博記念公園と国立民族学博物館が協働しておこなうシンポジウムの2年目にあたる本企画では、精神医療、医療、哲学、比較文学・比較文化など、各分野の第一線で活躍する研究者が議論を交わし、コロナの世界像を描きます。

    ※本企画は、国立民族学博物館の特別研究「コロナ禍に対するローカルな対処としての『文化の免疫系』に関する比較研究」関連事業です。

     日時
    20221029日(土)13301630(開場1300

     会場
    国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)(定員200名)
    ※オンライン(ライブ配信)あり。当日、みんぱくホームページより無料で聴講いただけます(申込不要)。

    登壇者
    斎藤 環(筑波大学教授)
    朝野 和典(大阪安全基盤研究所理事長、大阪大学名誉教授)
    山中 由里子(国立民族学博物館教授)
    中島 隆博(東京大学東洋文化研究所教授)
    吉田 憲司(国立民族学博物館長)
    島村 一平(国立民族学博物館准教授)

    受付方法
    受付期間:2022年9月5日(月)~10月21日(金)
    受付フォームもしくは、お電話でのお申込みを受け付けております。
    ◆受付フォームのご利用は、みんぱくホームページをご確認ください。
    ◆お電話でのお申込みについては、以下をおしらせください。
     ①イベント名 ②代表者氏名(漢字、ふりがな)
     ③参加人数(代表者を含む2名様まで) ④電話番号(代表者のみ)

    申込先 公益財団法人千里文化財団 06-6877-8893


    催し詳細(受付フォームもこちらから)
    国立民族学博物館ホームページ
    https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/36867


    主催 国立民族学博物館

    共催 大阪府、公益財団千里文化財団
    協力 国立大学法人大阪大学、公益財団法人大阪日本民芸館、

       大阪モノレール株式会社、公益財団法人関西・大阪21世紀協会、
       万博記念公園マネジメント・パートナーズ
    後援 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

    【受付中】2022/10/1(土)第529回友の会講演会「ポップカルチャーからみるインドネシア社会」

    オンライン聴講ならびに友の会会員以外の方(会場参加のみ/500円)
    の方の
    ご参加には事前申込が必要です。
    お申し込みには、ページ末尾の受付フォームをご利用ください。
    (会場聴講は、お電話等でのお申し込みも受け付けております。)

    演題

    インドネシアのラッパー(左)と私(右)。(撮影者:Frans・撮影年:2019年)

    ポップカルチャーからみるインドネシア社会

    内容
    インドネシアの文化といえば、ガムランやワヤンといった伝統的な芸能を思い浮かべるかもしれませんが、現代的なポップカルチャーも同国では人気です。デスメタル、シティポップ、K-POP、そしてヒップホップが、都市部の若者たちを惹きつけています。その背景を、インドネシア
    の歴史、政治、社会から読み解きます。

    講師
    金 悠進(民博機関研究員)

    日時
    2022年10月1日(土)13:30~15:00(開場:13:00)

    聴講方法
    【1】みんぱく第5セミナー室での聴講
    【2】オンライン(ライブ配信)での聴講
    友の会会員(対象種別):無料(会場もしくはオンライン参加)
    一般:500円(会場参加のみ)

    対象(下記種別のみなさまが無料聴講の対象です)
    維持会員、正会員、家族会員、ミュージアム会員、キャンパスメンバーズ

    受付方法
    オンライン聴講、友の会会員以外の方の会場参加は事前申込制です。
    ページ末尾の受付フォームよりお申し込みください。
    会場聴講は、お電話等でもお申し込みいただけます。
    開催日の5日前を目安に、参加方法のご案内をメールにてお送りいたします。

    【1】みんぱく第5セミナー室での聴講
    友の会会員(対象種別):無料、一般:500円

    当日は入館時、会場受付時に会員証もしくは参加証(受付完了時に届く自動返信メール)をご提示ください。
    会場:第5セミナー室
    定員:96名(申込先着順

    【2】オンライン(ライブ配信)での聴講
    友の会会員(対象種別):無料
    パソコン、スマートフォン、タブレット端末をお持ちの方に限ります。
    視聴用アドレスは、お申し込み時のアドレスにお送りします。

    受付が完了すると1両日中に自動返信メールが届きます。
    メールが届かない場合は、友の会事務局(06-6877-8893)までご連絡ください。


      内容確認画面

      よろしければ「確認済」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押してください。