【受付中】6/5(土)第513回友の会講演会「女神となった疫病―インドの天然痘女神信仰」

本講演会は友の会会員に限定して開催します(要予約)。
予約には、ページ末尾の受付フォームをご利用ください(会場聴講は、お電話での予約も受け付けております)。
聴講方法は、会場での聴講/オンラインでの聴講、いずれかからお選びください。

尚、新型コロナウイルス感染症の動向を踏まえ、やむを得ず開催方法を変更する場合がございます。変更が生じた場合は、本ページでご案内するほか、ご予約をいただいた方にはメールで連絡を差し上げます。

演題
女神となった疫病―インドの天然痘女神信仰

天然痘女神の祭日に盛装して拝礼に訪れた村の女性たち。画面右下の岩が女神のご神体。
1991年3月、インド西部・ラダナ村(提供・三尾稔)

内容
罹患率も致死率も高い疫病として1970年代まで猛威をふるった天然痘。年輩の方は予防のため種痘を受けた経験があるはずです。インドではこの病そのものを女神として信仰してきました。天然痘が絶滅した後もさまざまな病の神として広く信仰を集めています。今回の講演会ではこの病の歴史や北部インドの天然痘女神信仰の事例に基づき、伝染病に対応し、災いを乗り越えようとするインドの人びとの知恵や想像力の特徴を考えます。

講師
三尾稔(国立民族学博物館教授)

日時
2021年6月5日(土)
1330分~14時40分 ※終了後、質疑応答。

聴講方法
【1】民博館内セミナー室での聴講
【2】オンライン(ライブ配信)での聴講
★友の会会員限定。要予約。

対象(下記会員種別のみなさまが対象です)
維持会員、正会員、家族会員、ミュージアム会員、キャンパスメンバーズ、
特別フリーパスをお持ちの方

受付方法
会場聴講、オンライン聴講ともに、事前予約制です。
ページ末尾の受付フォームよりお申し込みください。
会場聴講は、電話等でもご予約いただけます。
開催日の5日前を目安に、会場聴講・オンライン聴講ともに、参加方法のご案内をメールにてお送りいたします。

【1】民博館内セミナー室での聴講
参加無料。
当日は入館時、会場受付時に会員証もしくは参加証をご提示ください。
会場:第5セミナー室(定員40名・先着順)
   ※上記会場が満席の場合、中継会場(第3セミナー室/定員17名)に
    ご案内します。

【2】オンライン(ライブ配信)での聴講
参加無料。
パソコン、スマートフォン、タブレット端末をお持ちの方に限ります。
視聴用アドレスは、お申し込み時のアドレスにお送りします。
定員:100
★オンライン(ライブ配信)をご希望の方は6月3日(木)までにお申し込みください。

※お申し込み時にいただいた情報は本講演会および、新型コロナウイルス感染症対策に伴う情報提供が必要な場合にのみ使用します。
※今月はオンライン中継をおこないます。著作権等の都合により、配信をおこなわない月もございます。

受付フォームの送信ボタンは、「確認済」を選択後、一度だけ押してください。
受付が完了すると1両日中に自動返信メールが届きます。
メールが届かない場合は、友の会事務局(06-6877-8893)までご連絡ください。


    内容確認画面

    よろしければ「確認済」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押してください。