【受付中】2024/3/23(土)第136回東京講演会「生まれかわりを信じるということ―モンゴルの輪廻転生を巡る語りから」

東京講演会のご参加には事前申込が必要です。
会員以外の方にもご参加いただけます(参加費500円)。
東京講演会は会場聴講のみとなり、オンライン配信はございません。

演題
生まれかわりを信じるということ―モンゴルの輪廻転生を巡る語りから

仏塔
草原のソビラガ(仏塔)モンゴル国ウブルハンガイ県 2016年 島村一平撮影

内容
現在、多くのモンゴル人はチベット仏教的な輪廻転生を信じています。
人が亡くなって49日が過ぎると、黒子や痣を目印に転生者を探すのです。本講演では、モンゴルの輪廻転生に関する普通の人びとの語りを紹介していきます。彼らの語りを通じて、転生が本当なのか、気持ちに揺れをもちながらも、人が死の悲しみを新たな生への喜びへと転換していく姿を描き出していきます。

講師
島村 一平(民博教授)

日時
2024年3月23日(土)
13:30~15:00(開場:13:00)

会場
モンベル御徒町店4階サロン
東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町

参加費
友の会会員:無料、一般:資料代500円
※聴講は会場のみ(定員50名/申込先着順)。オンライン配信はありません。

協賛
株式会社モンベル


    内容確認画面

    よろしければ「確認済」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押してください。