【受付終了】第128回東京講演会「消滅の危機に瀕した言語」

本催しは定員に達したため、受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

演題
消滅の危機に瀕した言語

内容
2019年は国際先住民言語年でしたが、日本ではほとんど話題になりませんでした。世界では数千もの言語が話されており、何億人も話すものも、数人しか話さないものもあります。近年、消滅の危機に瀕した言語についての意識が、少なくとも一定数の研究者間では高まっており、さまざまなアクションが起こされてきています。本講演では、実際に危機言語も調査している講師とともに、改めて危機言語というものを考えます。
※講演会終了後、講師を囲んで懇談会をおこないます(40分)。

ドマーキ語を話せないドマ人の子供たち(パキスタン、撮影者・吉岡乾)
ドマー語の「最後の話者」(パキスタン、撮影者・吉岡乾)

講師
吉岡 乾(国立民族学博物館准教授)

日時
2020年1月25日(土) 
13時30分~14時40分

場所
モンベル御徒町店4Fサロン

定員
60名(申込先着順)

備考
友の会★・モンベル会員:無料
一般:500円
★維持会員(同伴10名まで無料)、正会員(同伴1名無料)、ミュージアム会員、家族会員、キャンパスメンバーズ

講師プロフィール
専門は言語学・南アジア研究。ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、ヒンドゥークシ山脈の峻嶮な山々が集結している北パキスタンの言語について調査を続けている。著書に『なくなりそうな世界のことば』(創元社 2017年)『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』(創元社 2019年)。

協賛
株式会社モンベル