第484回 南の島の贈りもの、民博からのお返し―研究成果の現地還元とは

演題
【みんぱく名誉教授シリーズ】
南の島の贈りもの、民博からのお返し―研究成果の現地還元とは

内容

伝統航海術の知と技を今に伝えるチェチェメニ号(提供・国立民族学博物館)

人類学者は自身の好奇心と学的関心にかられてフィールドワークをおこないます。これが現地の人びとの好意に甘えて衣食住をともにし、ことばや生き方や世界観などを知るための調査方法です。有形無形の文化財も収集します。調査で学んだ貴重な情報や知識や技術や造形は、研究の源となり、博物館の「お宝」です。一方、それらは現地の人びとにとってどんな意味や価値があるのでしょうか。人類学者と被調査者とのかかわりについて再考します。

※講演会終了後、講師を囲んで懇談会をおこないます(40分)。

講師
須藤 健一(堺市博物館館長、国立民族学博物館名誉教授)

日時
2019年1月5日(土) 13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 第5セミナー室


定員
96名(当日先着順)

備考
■友の会会員:無料、一般:500円