季刊民族学188号 2024年春

特集 シン・シャーマニズム論――カミとつながる技術

 シャーマンとは、異世界を旅し、精霊や野生動物と交流することで、異なる姿や新たな能力を獲得した人びとのことです。 近年ではアメリカにおける認知科学の発達にともない、シャーマンがカミとつながるための技術(技法)の秘密に迫るような新しい研究が生まれています。 本特集では、こうしたシャーマニックな技術に着目し、人間の内的世界、人間の心の仕組みを明らかにするうえでの重要なヒントを探ります。

目次
  • 000 表紙「モンゴルのラッパー、メヘ・ザハクイ」撮影:O.Tugsbilig
  • 001 目次
  • 002 表紙のことば 文:編集部
  • 003 特集「シン・シャーマニズム論――カミとつながる技術」
  • 004「シン・シャーマニズム論――カミとつながる技術を再考する」島村 一平(国立民族学博物館教授)
  • 012「シャマンの楽器コブズ――その歴史と現在」坂井 弘紀(和光大学教授)
  • 018「ラクダ霊の真似と天界へのスピリチュアルな旅――クルグズ人の行者バクシ」ダーヴィッド・ショムファイ・カラ(ハンガリー 研究ネットワーク民族誌学研究所上級研究員)
  • 028「ドラミングからライミングへ――モンゴル・シャーマニズムの『韻の憑依性』」島村 一平(国立民族学博物館教授)
  • 040「ユタと神の世界をつなぐ歌」福 寛美(法政大学沖縄文化研究所兼任所員)
  • 046「時空をこえるンビラの旋律――ジンバブエ、ショナの憑依儀礼」松平 勇二(ノートルダム清心女子大学准教授)
  • 054「神々の世界をのぞく窓――ウィチョルのペヨーテ幻覚と毛糸絵」山森 靖人(関西外国語大学教授)
  • 064「『シャーマン』になった西洋人たち」河西 瑛里子(国立民族学博物館助教)
  • 070「『声』が聞こえる現象とは何か?――スピリチュアルと統合失調症のあいだの心理人類学」<前編>ターニャ・M・ラーマン(スタンフォード大学教授)
  • 076 連載 フィールドワーカーの布語り、モノがたり第6回
    「エスニシティを象る装い――中国雲南省のモン衣装の移り変わり」宮脇 千絵(南山大学准教授)
  • 084 日本万国博覧会記念公園シンポジウム2023「『日本人』の内と外――異文化接触を語り合う」吉田 憲司(国⽴⺠族学博物館⻑)/橋爪 節也(大阪大学名誉教授)/井上 章一(国際日本文化研究センター所長)/ウスビ・サコ(京都精華大学大学院教授、情報館長)/中牧 弘允(千⾥⽂化財団理事⻑)

編集後記

 今号の特集は、映画監督・庵野 秀明氏が広めた「シン」を冠とするシャーマニズム論。日本ではオウム事件以降衰えたシャーマニズム研究、その復活を期す島村氏の着眼点「韻律」を受けた、音に関わる諸論考が興味深いですね。
 従来、拍やリズムとトランス(変性意識状態)との関係が論じられてきました。また、リズムのテンポが心拍や息継ぎと同期して身体を動かし、時間感覚の変成や没入を生み、それが周囲の人と同調して群舞にいたる、というように、音響と、身体感覚や運動、意識との親和性も指摘されてきました。W・J・オングが『声の文化と文字の文化』で語るように、音声で伝承された叙事詩には繰り返しや強調表現が多いのも、言語処理が身体感覚と密接なことを示します。
 本誌一六七号編集後記でも紹介した「視覚バッファ」説によれば、トランス状態で経験する事象は、どうやら本人が脳のなかから紡ぎ出したもの。目からはいった視覚情報はいったん脳内のカンバス、視覚バッファにアナログ的に描かれ、それを脳が認識するが、記憶がつくり出した「心的イメージ」も同じカンバスに描かれて知覚されるので、本人には、外からの図像か自らつくり出した図像か区別がつかない、というのです。スティーヴン・M・コスリンが一九八〇年に唱えた今も有力な説で、視覚以外にも通用しそうです。
 同じころから米国精神医学界では、精神疾患に対し特定の病因を探すよりは、まず診断基準の標準化(七五頁の訳注〈2〉参照)を目指し、社会・文化の枠組みのなかで精神医療を再考する動きが広まりました。ベトナム帰還兵の精神的不適応事例の増加、六〇年代「意義申し立て」を引き継ぐ、要素還元論的合理主義への批判、自然回帰、先住民文化への共感などが、その背景にあるのでしょうか。
 思うに、脳のはたらきは依然謎だらけ。精神疾患の諸事例を語る、オリバー・サックスの同じころの著作群で私が衝撃を受けたのは『妻を帽子とまちがえた男』。妻の姿を帽子掛けとしてしか認識できない顏貌失認症例の紹介です。人間が、周囲環境や意識・感情を統合的に把握できるのは脳回路の絶妙なバランスの賜、そんな日々を送れること自体が奇跡だ、と教えられました。
 ならば、シャーマニズムの世界は、案外近しいものかもしれません。
(編集長 久保正敏)

 

2024(令和六)年4月30日発行
発行所:公益財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。

季刊民族学187号 2024年冬

特集 境界をゆきかう日系人

 日本からの移住者およびその子孫である「日系人」は世界全体で400 万人以上いるともいわれ、その移住の歴史は1868年のハワイへの集団移住を起点とすれば150 年を超える。 本特集では、ルーツや移住の事情、居住地、世代、アイデンティティのあり方など、多様な日系人を取りあげる。国や文化、民族の境界に生き、境界をゆきかう日系人の姿をとおして、異なる文化をもつ人びとが共生する社会のあり方を考えたい。

目次
000 表紙「ハグ――友情と幸福、孤独の終わり」写真:ジュニオール・マエダ(写真家)
001 目次
002 表紙のことば 文:編集部
003 特集「境界をゆきかう日系人」
004「われら日系人、新世界と日本社会をゆきかう」中牧弘允(国立民族学博物館名誉教授)
008「「日系人」の変遷とnikkeiの意味――日系コミュニティと日系社会のちがい」小嶋茂(JICA 横浜 海外移住資料館 学芸担当)
012「重層的な記憶の場へ――サンパウロ東洋街の発展と変容」根川幸男(国際日本文化研究センター特定研究員)
020「「帰国」の先にある日常と未来――日系ブラジル人の子どもの教育」山本晃輔(関西国際大学准教授)
028「デカセギを伝える」ジュニオール・マエダ(写真家)
038「「終活」や「総括」に挑む日本在住の日系人たち」アンジェロ・イシ(武蔵大学教授)
046「踊るミグリチュード――ハワイ沖縄系移民のエイサーにみる災いと幸い」城田愛(同志社大学嘱託研究員)
054「三尾とカナダをめぐる移民文化の資源化と次世代育成」河上幸子(京都外国語大学教授)
062「鉄条網のなかの盆踊り――アメリカ強制収容所の日系人と音楽・芸能」早稲田みな子(国立音楽大学教授)
072「南カリフォルニアの「日系企業城下町」」佃陽子(成城大学准教授)
078「軍靴からサンダルへ――日系インドネシア人一世の生涯」伊藤雅俊(日本大学助教)
086「移民の送り出し側から、受け入れ側へ――みんぱくの日本展示「多みんぞくニホン」セクション」菅瀬晶子(国立民族学博物館准教授)
088「神を招き、神と遊び、神を活かす――広島県庄原市東城町・西城町の地祭」鈴木昂太(国立民族学博物館助教)
096 連載 フィールドワーカーの布語り、モノがたり 第5回
「台湾先住民セデックと三つの織り機」田本はる菜(成城大学専任講師)

編集後記

 いまや広辞苑でさえ「競争社会における勝者/敗者」と解説する「勝ち組と負け組」。原義は、根川論考の注の通り、第二次世界大戦後、ブラジルの日系人社会を二分し、二十余名の死者まで出した二年におよぶ抗争で生まれた言葉。この混乱は現地の反日感情を招き、その結果ブラジルへの永住を決意した二世が一気に増えたそうです。
 それまでの日本には、移民に寄り添う移民政策はなく(現在もそうかも)、棄民政策のみ、という捉え方もあります。人口過多の日本と労働力不足の相手国、双方の思惑一致で結ばれた官約、向かった先で辛酸をなめた人びと、大戦終結時に元敵国の現地に取り残された悲惨な経験など、日系移民という言葉に、私は暗いイメージをもっていました。一九八〇年代以降の出稼ぎ移住も、結局は、雇用側の都合でいつでも切れる労働即戦力という位置づけだったのでしょうか。本号の特集は、そうした歴史に翻弄されつつ、どっこい生きてきた日系移民の方々へのエールです。
 日系については、小嶋論考が示す定義の多様性に驚きました。原則は血統ですが、徐々に本人の選択に委ねられるように変化してきた点は、豪州などで「先住民」認定が本人の意識を重視するようになったのと、同じ流れでしょう。 そもそも、血統にこだわる社会は、生きやすいのでしょうか。しばしば排他的な運動に結びついた歴史があるし、また、混血した人びとは、差別され、帰属意識に悩み、教育の面でも苦労します。ほんとうは、複数の文化の橋渡しができる、異文化の共生にとって貴重な存在なのに。城田論考のミグリチュードのように、混血が進んだとき、遠い祖先の一人が日本人ということは、あまり意味をもたなくなるかも知れません。
 私が思うに、自分が共感する集団やコミュニティが帰属意識の源であり、だれでも複数のコミュニティに属しているので、血統にこだわらず、みずからが属すると考える複数のコミュニティに対しアイデンティティを感じるのが宜しいのではないか、さらには、私たちはすべて地球人とみなし、その認識の下で互いを認め合う社会の到来。新年、私はそんなことを夢想したのです。 最後になりましたが、新年早々、能登半島地震により亡くなられた方々、被災された方々に、心よりお悔やみとお見舞いを申しあげます。
(編集長 久保正敏)

 

2024(令和六)年1月31日発行
発行所:公益財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。

季刊民族学186号 2023年秋

特集 争いの終わらせ方――紛争解決と共生の人類学

 ロシアによるウクライナ侵攻が始まって一年八ヵ月が経とうとしているが、いまだ終結の兆しはみえない。さらにイスラム組織ハマスとイスラエルの軍事衝突が世界に衝撃を与えた。いまこそ世界各地で発生している紛争や深刻な人権侵害について目を向けることが必要だ。本特集では争いの「終わらせ方」に着目し、紛争はどのように収束してきたのか、また収束していくのかを考えたい。そこにはどのような知恵やシステムが働いているのだろうか。各地域の事例から紛争を回避する仕組みや共生につなげるための術を学ぶ。

目次
000 表紙「記憶をめぐる闘い」写真:細谷広美(成蹊大学教授)
001 目次
002 表紙のことば 文:細谷広美(成蹊大学教授)
003 特集「争いの終わらせ方――紛争解決と共生の人類学」
004「暴力の連鎖を断ち切るための術――ソロモン諸島における紛争処理の文化」藤井真一(国立民族学博物館助教)
012「アフリカの紛争の終わらせ方――もうひとつの人間観にもとづく知恵に学ぶ」松田素二(総合地球環境学研究所特任教授)
020「予言者は紛争を終わらせることができるか?――南スーダンの旅する予言」橋本栄莉(立教大学准教授)
026「「真実」の万華鏡――ペルー真実和解委員会と平和構築」細谷広美(成蹊大学教授)
034「終わらない解決――アルゼンチン・記憶の民衆運動」石田智恵(早稲田大学准教授)
042 「過去との和解、インドネシアとの共生――東ティモールの「争い」の終わらせ方とそのジレンマ」井上浩子(大東文化大学准教授)
050「自治政府設立と紛争終結への長い道のり――フィリピン南部のモロ」石井正子(立教大学教授)
058「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争にみる「争いを終わらせない方法」から学ぶ「争いの終わらせ方」」長有紀枝(立教大学大学院教授)
066「笑いの向こうにみる紛争と分断の経験――北アイルランド・ベルファストの日常経験の多面性」酒井朋子(京都大学准教授)
072「空手道の現代イラン的展開」黒田賢治(国立民族学博物館助教)
080「中華とイスラームのはざまで――現代中国を生きる回族」奈良雅史(国立民族学博物館准教授)
088「死者の「存在」を刻む――パプアニューギニアにおける死と贈与儀礼」門馬一平(人間文化研究機構研究員特任助教)
096 連載 フィールドワーカーの布語り、モノがたり 第4回
「ラオス北部、タイ系民族の手織り布――素材と技術への価値づけ」落合雪野(龍谷大学教授)

編集後記

 一〇月二日は国連総会が決定した「国際非暴力デー」、ガンジーの誕生日にちなみますが、彼の生涯を描いた一九八二年の英印米合作映画「ガンジー」の最後のほうに印象的な場面があります。あるヒンドゥー教徒の男が「私は地獄に堕ちる」とガンジーに語る、ガンジーが「なぜ地獄に堕ちると思うのか」と問うと「自分の息子をムスリムに殺されたので、ムスリムの子どもを殺したから」と答える彼に向かって、「地獄から脱け出る道がある。息子と同じ年頃で両親を殺された子どもを探し、自分の子として育てよ、ただしムスリムの子を、ムスリムとして育てること」と諭すのです。復讐の連鎖を断つにはこれしかないのか、と私も胸を衝かれました。
 ヒトはなぜ争うのでしょう。民族意識、宗教意識、カースト、ジェンダーなどのいわば仮構の体系、それらを再生産することで自らの存続を狙う諸権力や神話などに人びとが縛られていることのほかに、仮構を補強する経済格差も反目の原因でしょう。
 では、これら仮構から自由になる方法は?と問うのが今号の特集。読むのがつらい原稿ばかりですが、争いが終わった後も、真実を問いつづけ、和解を図る活動を続けることが肝要、と理解しました。「真実和解委員会」や「移行期正義」などの概念も初めて知りました。
 争いの後始末に成功した例は少ない。関係者にとって真実はひとつか、正義はひとつか、公正に人を裁くことは可能か、公正とは何か。人類史には難問に答えられなかった事例があふれています。 復讐の連鎖から脱して相互に許し合い和解するには、仮構や縛りを相対化することが必須でしょう。ガンジーが課した試練や、ブッダの説く悟りも、同じことかも知れません。が、凡人にはたやすいことではありません。せめて、視野を広げズームアウトしながら物事の背景を俯瞰するための知識を得ようとする個人的努力、それを支援する教育体制を整え、そして経済格差を小さくする世界規模の努力。これらが鍵ではと思います。
 文化人類学・民族学の視点がその一助にならんことを。
(編集長 久保正敏)

 

2023(令和五)年10月31日発行
発行所:公益財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。

『千里眼』

『千里眼』これまでの歩み

1983年(昭和58年)3月 1号発行
各年  3月・6月・9月・12月発行

表紙題字  梅棹忠夫 様
表紙版画  田主 誠 様(1号から164号まで)
表紙装画  中尾 巧 様(165号から)

季刊民族学185号 2023年夏

特集 ビーズ大陸 アフリカ

 アフリカは、およそ30 万年前にホモ・サピエンスの誕生した地であると同時に12 〜10 万年前に人類最古のビーズが生まれた地域の一つとして知られている。その後、アフリカにはインドやヨーロッパ産のガラスビーズが伝来し、世界のなかでユニーク、かつ多彩なビーズ文化が展開してきた。本特集では、ビーズ素材の多様性の広がり、ガラスビーズの導入過程、現代アフリカにおけるビーズの役割など、ビーズを通してみえてくるアフリカ社会の過去と現在を紹介する。

目次
000 表紙「若き日の恋愛の記憶を刻むビーズの首飾り」写真:中村香子(東洋大学教授)
001 目次
002 表紙のことば 文:中村香子(東洋大学教授)
003 特集「ビーズ大陸 アフリカ」
004「ビーズからみた新たなアフリカ文化史」池谷和信(国立民族学博物館教授)
014「ビーズからみたナイル川流域世界――エジプト、スーダンにおける過去と現在」遠藤仁(大東文化大学東洋研究所兼任研究員)
020「発掘が物語るアフリカのビーズ」竹沢尚一郎(国立民族学博物館名誉教授)
026「スタンリのビーズ――19世紀アフリカ大陸東部の探検、交易、植民地支配」鈴木英明(国立民族学博物館准教授)
032「サンブルの恋愛とビーズ装飾」中村香子(東洋大学教授)
038 「ビーズ細工を仕事にする――ナイジェリア南西部ヨルバランドで生きる人びと」緒方しらべ(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所フェロー)
044「ナミビアのヒンバの儀礼とビーズ――ヘレロとの関係から」宮本佳和(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター 特任研究員)
050「出稼ぎするアーティストたち――南アフリカのワイヤー・アンド・ビーズ・アート」北窓恵利香(ワイヤー・アンド・ビーズアーティスト ZUVALANGA)
057「世界に発信するアフリカンビーズ」池谷和信(国立民族学博物館教授)
064「ビーズ展、日本列島を駆けめぐる――民博からビーズの魅力を発信」池谷和信(国立民族学博物館教授)
071 小山修三前理事長を悼む――アボリジニ研究の推進と縄文学の提唱
「オーストラリア研究の今西錦司になる」窪田幸子(芦屋大学学長・神戸大学名誉教授)
「三内丸山遺跡と小山修三」岡田康博(三内丸山遺跡センター所長)
080「キツネザルと人の2000年」市野進一郎(国立民族学博物館特任助教)
088「もうひとつの農業――ネパール、インナータライの農の営みに学ぶ」藤井牧人(農業従事者・在ネパール)
096 連載 フィールドワーカーの布語り、モノがたり 第3回
「女性の生活が変われば、布も変わる――ウズベキスタンの刺繡布とスザニ」今堀恵美(東海大学文化社会学部アジア学科講師)

編集後記

 「バタフライ効果」ではないけれど、森羅万象は相互に関係し合い、それが歴史を形成する。あたり前のことのようですが、そういいきるには、該博な知識と事象の背後を見通す洞察力が必要です。わたしの管見する範囲で、古いところでは、米国議会図書館長を務めたダニエル・ブーアスティンの『大発見』(一九八八年)、進化生物学者ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』(二〇〇〇年)、近年では、『ビッグヒストリー』(二〇一六年)など、地球史を幅広い視野で語る著作も多々目にします。『サピエンス全史』(二〇一六年)など歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリの著作群、最近では、バリバリの理論物理学者ブライアン・グリーンによる、宇宙の誕生から終末までを、エントロピー増大と局所的減少という観点で解説する『時間の終わりまで』(二〇二一年)も刊行されました。
 こんな話をするのは、今号の特集で人類発祥の地アフリカのビーズにみられる美意識やアイデンティティなど情報を運ぶ機能、そして交易にともなう諸々の物流が語られているからです。コミュニケーションという語は、一七世紀後半までは情報流と物流の両者を指したとされます。ビーズはまさに、人類史上の重要なコミュニケーション・ツールのひとつといえましょう。
 ヒトのコミュニケーションは、特異な進化をとげた言語能力に依拠しています。ハラリによれば、ヒトが高度言語能力を獲得した「認知革命」は約七万年前とされますが、それ以前、との説もあります。地質学者の丸山茂徳氏の『地球史を読み解く』(二〇一六年)によると、高放射性元素マグマの集中的な地上噴火が七〇〇万年前、一八〇万年前、六〇万年前、二〇万年前にアフリカ大地溝帯で起き、生物の遺伝子変異を増やし、進化のジャンプを促した、といいます。ヒトの染色体上でみつかった、言語能力に関する遺伝子は、放射線による突然変異の結果かも知れません。小さなビーズによるコミュニケーションが、地球内部の大規模熱循環につながるかも、と考えると、愉快ですね。
 他方、ネパールの農を淡々と語る藤井牧人氏の論考では、グローバル化が行きすぎて世界の食料システムの破綻が近いとされる今日、地産地消の循環型経済の原点をみる思いがして、衝撃の結語とともに、心に響きます。
(編集長 久保正敏)

 

2023(令和五)年7月31日発行
発行所:公益財団法人 千里文化財団

『季刊民族学』は「国立民族学博物館友の会」の機関誌です。
「国立民族学博物館友の会」へご入会いただければ定期的にお届けいたします。