千里文化財団とは
千里文化財団とは

千里文化財団初代会長

千里文化財団初代会長梅棹忠夫(UMESAO, Tadao)

1920年6月13日 京都市生まれ 理学博士
国立民族学博物館 初代館長
千里文化財団 初代会長
専攻:民族学、比較文明学

大学では主として動物学を専攻したが、内蒙古の学術調査を通じて民族学に転じ、アフガニスタン、東南アジア、ヨーロッパなどでフィールド・ワークを精力的におこなう。1957年に発表した「文明の生態史観」で、西欧文明と日本文明は、ほぼ同じ歩みで進化したという「平行進化説」をうちだす。国立民族学博物館の創設に努力し、1974年から1993年まで初代館長、その後は顧問となる。1988年に朝日賞、1991年に文化功労者、1994年に文化勲章、1999年に勲一等瑞宝章を受章。主な著書は 下記 のとおり。「梅棹忠夫著作集」(全22巻 別巻1)がある。

略歴

1943年9月:
京都大学理学部卒業
1949年4月:
大阪市立大学理工学部助教授(~1965年7月)
1961年9月:
理学博士
1965年8月:
京都大学人文科学研究所助教授(~1969年3月)
1969年4月:
京都大学人文科学研究所教授(~1974年3月)
1974年6月:
国立民族学博物館長(~1993年3月)
1983年11月:
財団法人千里文化財団会長
1988年1月:
朝日賞
1988年4月:
フランス共和国パルム・アカデミーク勲章コマンドゥール章
1988年5月:
紫綬褒章
1990年10月:
国際交流基金賞
1991年11月:
文化功労者
1993年4月:
国立民族学博物館顧問、国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授
1994年11月:
文化勲章
1996年1月:
京都大学名誉教授
1999年11月:
勲一等瑞宝章
2010年7月3日:
永眠

梅棹忠夫著書

著書名出版社発行年
『モゴール族探検記』岩波書店1956年9月
『日本探検』中央公論社1960年11月
『東南アジア紀行』中央公論社1964年5月
『サバンナの記録』朝日新聞社1965年11月
『文明の生態史観』中央公論社1967年1月
『知的生産の技術』岩波書店1969年7月
『地球時代の日本人』中央公論社1974年9月
『民族学博物館』講談社1975年12月
『狩猟と遊牧の世界』講談社1976年6月
『人類学周遊』筑摩書房1980年11月
『わたしの生きがい論』講談社1981年1月
『美意識と神さま』中央公論社1981年11月
『LE JAPON A L’ERE PLANETAIRE』POF1983年6月
『IL GIAPPONE NELL’ERA PLANETARIA』SPIRALI EDIZIONI1984年5月
『日本とは何か ─ 近代日本文明の形成と発展』日本放送出版協会1986年5月
『梅棹忠夫の京都案内』角川書店1987年5月
『京都の精神』角川書店1987年8月
『博物館長の十年』平凡社1987年10月
『日本三都論 ─ 東京・大阪・京都』角川書店1987年11月
『メディアとしての博物館』平凡社1987年11月
『あすの日本語のために』くもん出版1987年12月
『日本語と日本文明』くもん出版1988年3月
『日本語と事務革命』くもん出版1988年6月
『情報の文明学』中央公論社1988年6月
『女と文明』中央公論社1988年11月
『情報論ノート』中央公論社1989年3月
『情報の家政学』ドメス出版1989年4月
『研究経営論』岩波書店1989年5月
『21世紀の人類像をさぐる』講談社1989年6月
『民博早わかり』平凡社1989年9月
『比較文明学研究』(「著作集」5巻)中央公論社1989年10月
『夜はまだあけぬか』講談社1989年12月
『アジアをみる目』(「著作集」6巻)中央公論社1989年12月
『情報管理論』岩波書店1990年1月
『民族学と博物館』(「著作集」15巻)中央公論社1990年2月
『探検の時代』(「著作集」1巻)中央公論社1990年4月
『日本とはなにか』(三か国版)国際文化フォーラム1990年5月
『アフリカ研究』(「著作集」8巻)中央公論社1990年7月
『日本研究』(「著作集」7巻)中央公論社1990年8月
『モンゴル研究』(「著作集」2巻)中央公論社1990年10月
『千里ぐらし』講談社1990年11月
『中洋の国ぐに』(「著作集」4巻)中央公論社1990年12月
『女性と文明』(「著作集」9巻)中央公論社1991年2月
『生態学研究』(「著作集」3巻)中央公論社1991年4月
『民族学の世界』(「著作集」10巻)中央公論社1991年6月
『情報と文明』(「著作集」14巻)中央公論社1991年8月
『二一世紀の人類像 ─ 民族問題をかんがえる』講談社1991年9月
『地球時代に生きる』(「著作集」13巻)中央公論社1991年10月
『回想のモンゴル』中央公論社1991年12月
『人生と学問』(「著作集」12巻)中央公論社1991年12月
『実戦・世界言語紀行』岩波書店1992年1月
『知の技術』(「著作集」11巻)中央公論社1992年2月
『日本文化研究』(「著作集」19巻)中央公論社1992年6月
『日本語と文明』(「著作集」18巻)中央公論社1992年8月
『裏がえしの自伝』講談社1992年9月
『京都文化論』(「著作集」17巻)中央公論社1992年10月
『山と旅』(「著作集」16巻)中央公論社1992年12月
『都市と文化開発』(「著作集」21巻)中央公論社1993年2月
『研究と経営』(「著作集」22巻)中央公論社1993年4月
『世界体験』(「著作集」20巻)中央公論社1993年6月
『年譜 総索引』(「著作集」別巻)中央公論社1994年6月
『行為と妄想 ─ わたしの履歴書』日本経済新聞社1997年6月
『世界史とわたし ─ 文明を旅する』日本放送出版協会1997年8月
『近代世界における日本文明 ─ 比較文明学序説』中央公論新社2000年6月
(編)『日本の未来へ ─ 司馬遼太郎との対話』日本放送出版協会2000年6月
(編)『文明の生態史観はいま』(中公叢書)中央公論新社2001年2月
『行為と妄想 ─ わたしの履歴書』(文庫版)中央公論新社2002年4月
(編)『文明の生態史観ほか』(中公クラシックス)中央公論新社2002年11月
An Ecological Vie of History – Japanese Civilization in the World ContextTrans Pacific Press2003年
(編)『日本語の将来 ─ ローマ字表記で国際化を』(NHKブックス)日本放送出版協会2004年6月
(編)『梅棹忠夫の京都案内』(角川ソフィア文庫)角川書店2002年9月