第38回比較文明学会大会(参加申込締め切りました)

第38回比較文明学会大会

「いのち」をめぐる文明的課題の解決に向けて

チラシイメージ本大会は1970年大阪万博50周年と梅棹忠夫生誕100年という節目に開催されます。2025年の大阪・関西万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」ですが、梅棹らが構想した「人類の進歩と調和」という理念がいかに継承されうるかを問う絶好の機会でもあります。くわえて、新型コロナウイルスがパンデミックとなり、人類社会の存続を脅かしています。つまり、「いのち」にかかわる重大な文明的課題が急浮上しているのです。そのため、「『いのち』をめぐる文明的課題の解決に向けて」という統一テーマで国際シンポジウムを開催します。コロナ禍により開催の方式はシンポジウムも個人研究発表も基本的にオンラインですが、会場でも少人数の参加が可能です。
当日プログラムはこちら

開催日:2020年11月21日(土)・22日(日)・23日(月・祝)

会場:国立民族学博物館・オンライン

主催:比較文明学会国立民族学博物館・千里文化財団

助成:公益財団法人 関西・大阪21世紀協会

参加申込要項:
比較文明学会会員でない一般の方で、本シンポジウムに参加希望の方は、下記申し込み先メールアドレス宛に、メールタイトルを「比較文明学会参加希望」として、本文に、(1)氏名(2)郵便番号(3)住所(4)電話番号(5)メールアドレス(6)参加希望形態(Aオンライン参加・B会場参加)を記入してお申し込みください。折返し、参加費(資料代500円)のお振り込み先を返信いたします。

申し込み先メールアドレス:hikakubunmei2020@minpaku.ac.jp

申し込み締切り:2020年10月末日 ※締め切りました。

オンライン参加、会場参加とも可能定員がございます。申し込みが可能定員を超えた場合、参加をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。