【特別講演会】世界遺産マチュ・ピチュー神秘のベールを剥ぐ

「世界遺産マチュ・ピチュー神秘のベールを剥ぐ」

阪急生活楽校にみんぱくの研究者が登場します!

世界文化遺産マチュ・ピチュは有名だが、考古学的資料は意外にも少ない(撮影・関雄二)


★阪急生活楽校とは…
第一線で活躍しているゲストを迎え、暮らしを「楽しむ」ためのヒントを学びます。

内容
古代アンデス文明の宝庫、南米ペルー共和国。なかでもインカ帝国時代の遺跡マチュ・ピチュはその絶景を求めて旅行者が絶えない人気の世界遺産です。遺跡の担った役割や探検家による発見の経緯、地元住民と世界遺産との関係まで、知られざるマチュ・ピチュを徹底的に紹介します。

講師
関 雄二(国立民族学博物館副館長・教授)

日時
2018年1126日(月)14:0015:30 

会場
阪急うめだホール(阪急うめだ本店9階)

参加費
友の会会員500円、一般1,000円

定員
300名(申込先着順)

申込方法
友の会事務局、または阪急生活学校の受付フォームよりまでお申し込みください。
阪急生活楽校:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/seikatsugakkou/index.html

 

【緊急企画!】時と場所をつなぐビーズ

【みんぱく友の会・オリエント美術館友の会相互企画!トークイベント】
時と場所をつなぐビーズ


現在、岡山市立オリエント美術館で展覧会「国立民族学博物館コレクション ビーズーつなぐ かざる みせる」を開催しています(〜1125日)。「みんぱく特別展から1年半。美術館を会場に、資料の選定や見せ方にも工夫して、より洗練された展示に仕上がりました!」と企画者の池谷和信先生も自負するこの展覧会。進化した展示を楽しんでいただきたく、ギャラリートークつきの講演会を開催します。

話者

池谷 和信(国立民族学博物館教授)
四角 隆二(岡山市立オリエント美術館)
坂 憲一(トーホー株式会社)

日程 2018年11月25日(日) 
【プログラム】
13:00 会場
13:30 レクチャー
     話題定期「素材から見たビーズの道」池谷和信(民博教授)     
     発表1  「古代オリエントのガラスの道」四角隆二
(岡山市立オリエント美術館学芸員)
     発表2  「国境を越える現代のガラスビーズ」坂憲一(トーホー株式会社)
14:20 ディスカッション、質疑応答
15:00 ギャラリートーク
15:30 終了

会場
岡山市立オリエント美術館(http://www.orientmuseum.jp)

参加費
要展示観覧券(友の会会員800円、一般1,000円)

定員
50名(申込先着順)

申込方法
友の会事務局までお申し込みください。
●乗車希望者20名以上で往復バスを運行します!
【バスの運行詳細】
10時頃発  JR茨木駅、阪急茨木市駅、大阪モノレール万博記念公園駅 
19時半頃着 JR茨木駅、阪急茨木市駅、大阪モノレール万博記念公園駅
往復運賃 6,500円
※バスご希望の方は11月14日(水)までにお申込みください。手配確定後集合場所等詳細をご案内します。希望者が20名に満たない場合は手配がありませんのであらかじめご了承ください。