【受付中】2021/3/6(土)第510回友の会講演会「災害を後世に伝える―記録・供養・教訓」

・本講演会は友の会会員に限定して開催します(要予約)。
・開催時間が通常と異なります(午前中に開催します)。

演題
【特別展「復興を支える地域の文化➖3.11から10年」関連】
災害を後世に伝える―記録・供養・教訓

50年ごとに建てられる外所(とんところ)地震(1662年)の供養碑(提供:林勲男)

内容 
大きな出来事は長く人びとの記憶に留まりますが、決して永遠のものではありません。災害を経験した人びとは、手記や絵図、石碑や写真などそれぞれの時代のさまざまな手段を用いて記録に残してきました。そこには出来事を後世に伝えるだけでなく、災害で亡くなった人を供養し、教訓を伝えることによって、将来の災害での被害や死者を少なくしたいという願いもうかがえます。本講演では、津波常襲地域の「津波碑」についてお話しします。
※みんぱくフリーパスをお持ちの方も会場でご聴講いただけます。

講師
林勲男
(国立民族学博物館教授)

日時
2021年3月6日(土)
1030分~11時40分(開場10時)

開催方法
【1】民博館内セミナー室での聴講
【2】オンラインでの聴講(ライブ配信)
※いずれも友の会会員限定で開催(参加方法で対象種別が異なります)

【1】民博館内セミナー室での聴講
会場:民博 第5セミナー室
※メイン会場が満席の場合は中継会場にご案内します。
定員:40名(予約先着順) 
※中継会場は追加13名。
参加費:無料
=====
受付フォームよりご予約ください。後日、参加証をメールにてお送りします。
下記種別の友の会会員のみなさまが対象です。
★対象:維持会員、正会員、家族会員、ミュージアム会員、キャンパスメンバーズ、特別フリーパスをお持ちの方、みんぱくフリーパスをお持ちの方
※特別展関連の友の会講演会はみんぱくフリーパスをお持ちの方も会場聴講にご参加いただけます。

【2】オンラインでの聴講(ライブ配信)
定員:100名(予約先着順)
参加費:無料
※オンライン中継をご希望の方は2021年2月3日(水)までにお申し込みください。
=====
受付フォームよりご予約ください。後日、視聴方法をメールにてご案内いたします。パソコン、スマートフォン、タブレット端末をお持ちの方に限ります。
下記種別の友の会会員のみなさまが対象です。
★対象:維持会員、正会員、家族会員、ミュージアム会員、キャンパスメンバーズ、特別フリーパスをお持ちの方、みんぱくフリーパスをお持ちの方

・新型コロナウイルス感染症の予防を踏まえ、感染防止対策を講じつつ、準備をすすめてまいります。何卒、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
・今月はオンライン配信をおこないます。著作権等の都合により、配信をおこなわない月もございます。

受付が完了すると1両日中に自動返信メールが届きます。
メールが届かない場合は、友の会事務局(06-6877-8893)までご連絡ください。


内容確認画面

上記の内容で送信します。
よろしければ送信ボタンを押してください。