【中止】第499回 トーテムポール―カナダ北西海岸先住民の宝

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、本催しは残念ながら中止させていただくことになりました。
現時点、延期の目途はたっておりませんが、日を改めて開催する場合は、みんぱく友の会のホームページ等で改めてご案内いたします(2020年3月25日)。

演題
【特別展「先住民の宝」関連】
「トーテムポール――カナダ北西海岸先住民の宝」

内容
北アメリカ北西海岸地域にある先住民の村々には、動物や人間などの姿を彫りこんだ巨大な木柱が、多数立てられています。それらはトーテムポールとよばれ、現在、ハイダやクワクワカワクゥなど各民族の宝であり、象徴です。トーテムポールとは何か、その歴史的変遷、現在の制作状況とそれに関連するポトラッチ儀礼について解説します。また1972年、そして2020年に立てられる、みんぱくの新旧2本のトーテムポールの制作についても紹介します。
※講演会終了後、特別展の見学会をおこないます(40分/要会員証もしくは展示観覧券)。

講師

キャンベルリバー博物館のトーテムポール。2018年8月(提供・岸上伸啓)


岸上 伸啓
(人間文化研究機構理事・国立民族学博物館教授)

日時
2020年4月4日(土)
13時30分~14時40分

場所
国立民族学博物館2階 
第5セミナー室

定員
96名(当日先着順)

備考
■友の会会員:無料、一般:500円