【10月12日】第493回  対談 幻獣!ーそこに”在る”不思議な生きもの

演題
【特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」関連】
 対談 幻獣!ーそこに”在る”不思議な生きもの

内容
人類は、この世のキワにいるかもしれない異形のものや妖怪の類の姿を、心の内に生み出してきました。そのなかには、人魚や河童など、実在すると考えられていた不思議な生きものもいます。こうした幻獣は人びとの好奇心を刺激し、その存在の物的証拠が時に捏造されたりもしました。「物」としての幻獣は拝められたり、薬とされたり、見世物とされてきました。幻獣や妖怪など“不思議“を追い求め、集めてきた湯本豪一さんを招いて、幻獣の世界に分け入ります。

※講演会終了後、話者の案内のもと特別展を見学します(40分)。湯本さんのコレクションを展示する「驚異の部屋」もお楽しみください。
見学会のご参加には、会員証もしくは特別展の観覧券が必要です。

話者
湯本 豪一(妖怪・幻獣研究者)、山中 由里子(国立民族学博物館教授)

日時
10月12日(土)13301440
※10月の友の会講演会は予定を変更し、第2土曜日に開催します。

場所
国立民族学博物館2階 第5セミナー室

定員
96名(当日先着順)

備考
■友の会会員:無料、一般:500円

<<耳よりなお知らせ!>>
第82回体験セミナー「もののけ怪道をゆく―稲生物怪録と小泉八雲を歩く」との関連企画です。体験セミナーでは湯本氏のコレクションが寄贈された湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)も訪問します。