理事長徒然草(第6話)

理事長徒然草

篠遠喜彦夫妻の思い出―『季刊民族学』169号の特集に寄せて

『季刊民族学』169号(2019年7月)の特集「オセアニア考古学の挑戦」が無事刊行されました。その副題に「篠遠喜彦の足跡から」とあるように、これは追悼号でもあります。篠遠先生はオセアニア考古学のパイオニアの一人でもあり、泰斗と称しても過言ではない研究者でした。その偉大な学術的足跡は特集にあますところなく書かれていますし、民博のオセアニア展示への貢献についても十分に述べられています。また、民博の梅棹忠夫初代館長との対談も『月刊みんぱく』(1979年3月号)に「太平洋の研究センター」として掲載され、梅棹忠夫編『博物館の世界―館長対談』(中公新書、1980年)にも再録されています。

オセアニア研究者でも考古学者でもないわたしが篠遠先生と接点をもったのは日本人移民の研究でした。1977年、東大宗教学研究室を中心とするハワイの日系宗教の科研調査に従事していたとき、ビショップ博物館に設立されていたハワイ移民資料保存館のことを知り、何人かで訪問したことがあります。日時は7月14日(木)の午前中でした。当時、篠遠先生はビショップ博物館の考古研究部の部長でしたが、和子夫人が移民資料保存館の管理にあたっていました。われわれはまず奥様とお目にかかり、博物館の常設展示を案内していただき、途中から篠遠先生もくわわり、懇切な説明をうけました。カプ(タブー)や呪術のこと、樹皮布のタパやそれを使ったカプ・スティックのこと、また羽毛の所持は王族のみが許されることなど当時のメモには記されていますが、そのときの記憶では「マルケサス」が呪文のように聞こえていました。ハワイアンはマルケサス諸島から移住したのだという考古学的発見について先生が熱心に語っておられたからです。今回の特集ではそのことをより深く学ぶことができました。ちなみに、日本人移民の資料のことを奥様からうかがったのは移民資料保存館においてでしたが、本館展示を見た後だったような気がします。

その2年後にも日系宗教の現地調査をしましたが、篠遠夫妻にはお目にかかっていません。その後、1981年にもカリフォルニア調査を科研費で継続しましたが、ハワイには立ち寄りませんでした。わたし自身も1983年以降、ブラジルの日系宗教調査に重点を移したため、ハワイを含むアメリカとは疎遠になりました。ところが、1999年夏、梅棹先生がJICA本部から海外移住の資料館建設の相談を受け、その実現にむけてわたしに白羽の矢を立てたのです。それから2002年10月のJICA横浜海外移住資料館の開館まで、わたしは日本人の海外移住先を何度も訪ねることになるのですが、ハワイにうかがったときはいつも篠遠夫妻のお世話になりました。そして和子夫人には海外日系人社会の博物館関係者を招聘した2000年6月の有識者会議で助言をもとめ、その一端は海外移住資料館の展示案内『われら新世界に参加す』にメッセージとして掲載されています。2002年12月の開所式のときにもお越しいただきました。

篠遠和子氏(向かって右)と城田愛研究員(当時)とハワイ展示の前で。

また奥様とF.王堂との共著『図説ハワイ日本人史―1885-1924』(ビショップ博物館人類学部ハワイ移民資料保存館、1985)は展示構想を練る際にいちばん頼りにした文献でした。その書物の刊行と、ハワイ移民資料保存館の創設に際しては日本万国博覧会記念協会補助金(万博基金)が役立てられていたことも特記していいかもしれません。

他方、篠遠先生にはJICA訪問団に対しバスやガイドの件で有益な助言をいただいただけでなく、実際の手配までしてくださったことが忘れられません。考古学の発掘作業での実務経験がこんなところにまで生きていたのだとおもいます。また、篠遠先生から託されて民博オセアニア展示場の「葬儀長の衣装」(復元)に関する写真と資料を印東道子先生に届けたことも思い出されます。わたしはたんなる運び屋にすぎなかったのですが、実はこの資料、キャプテン・クックがタヒチの首長から贈呈され大英博物館やビショップ博物館などに所蔵されているものをタヒチのアーティストが復元したものなのです。今回の特集には言及がないので、ひと言、補足しておきたいとおもいます。