ホームへ戻る
友の会について
ご入会の案内
お問い合わせ
機関誌「季刊民族学」
友の会後援会
東京後援会
みんぱく見学会
体験セミナー
民族学研修の旅
ミュージアムショップ World Wide Bazaar
 

サイトマップ

みんぱくのWEBサイトへ

国立民族学博物館 友の会
国立民族学博物館友の会は「みんぱく」の研究活動と
博物館活動の支援・普及のために、さまざまな活動をおこなっています。
※入会パンフレットなどのご請求は、お気軽にメールでお知らせください。

友の会講演過去の講演会

友の会講演 会 場:国立民族学博物館2階 第5セミナー室
日 時:毎月第1土曜日 14時〜16時
定 員:96名(先着順)
協 力:国立民族学博物館
開催スケジュール
第458回 2016/09/03(土) 13:30〜15:30
演 題: 第88回民族学研修の旅関連
ネパール「市民社会」の再編を展望する
講 師: 南 真木人(民博准教授)
内 容: 2015年、大規模な震災に見舞われたネパール。地震発生直後には、カーストや民族、宗教、社会階層など、多様な価値観をもつ人びとの間に共同の精神が生まれ、分断されていた「市民社会」が立ち現われました。こうした契機は今回に限ったことではありません。1951年の「開国」以降、民主化、マオイストの台頭、王制 の廃止など、節目のたびに、社会再編の機運が、人びとのなかで高まりを見せてきたのです。本講演会では、社会の再編に至る、今までとこれからを展望します。
備 考: ※講義( 70 分)終了後、映像資料を鑑賞します。
第457回 2016/08/06(土) 13:30〜15:30
演 題:
フィリピンから海外に向かう人びと
日本と韓国の事例を中心に
講 師: 永田 貴聖(民博機関研究員)
内 容: フィリピンは、国外に約1024万人もが居住する「移民送り出し大国」です。日本には23万人のフィリピン人が暮らしています。かつての宗主国であるアメリカ合衆国をはじめ、中東や欧州、アジアには、男性労働者のみならず、介護や看護に従事する女性が、そして日本や韓国には、移住先社会の男性と婚姻を結ぶ女性が多く居住しています。本講演会では日本と韓国に住むフィリピン人移住者に注目し、コミュニティの活動や現地社会との関係構築の在り方について紹介します。
備 考: ※講義(70分)終了後、”フィリピンの家庭の味”を試食する懇談会を予定しています。
友の会講演会は会員のみなさんへむけて毎月開催している講演会です。
友の会入会はこちらから


 国立民族学博物館友の会は一般財団法人千里文化財団が運営しています。The Senri Foundation All rights reserved