ホームへ戻る
友の会について
ご入会の案内
お問い合わせ
機関誌「季刊民族学」
友の会後援会
東京後援会
みんぱく見学会
体験セミナー
民族学研修の旅
ミュージアムショップ World Wide Bazaar
 

サイトマップ

みんぱくのWEBサイトへ

国立民族学博物館 友の会
国立民族学博物館友の会は「みんぱく」の研究活動と
博物館活動の支援・普及のために、さまざまな活動をおこなっています。
※入会パンフレットなどのご請求は、お気軽にメールでお知らせください。

友の会講演過去の講演会

友の会講演 東京での講演会です。
開催スケジュール
第3回 2016/11/12(土) 13:30〜15:30
演 題: 連続講座「素顔の地球に出会う―人類学者たちのフィールドワーク」
シベリアで生命の暖かさを感じる
講 師: 佐々木 史郎(国立アイヌ民族文化博物館設立準備室主幹)
内 容: マイナス40度を超える極寒の世界で人はどのように生きるのか―。厳寒世界を包み込むのは、そこに住む人間と自然の暖かさでした。シベリアやロシア極東、中国東北部の遊牧民・狩猟民を追った30年を振り返ります。
会 場: モンベル渋谷店5Fサロン (渋谷区宇田川町11-5モンベル渋谷ビル)
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
備 考: 参加費:友の会会員 無料、一般 1,000円 ※次回東京講演会は、1月の実施を予定しています。関東方面にお住まいの方には、連続講座へのご参加をおすすめしております。
定 員: 60名(要事前申込/先着順)
第2回 2016/09/10(土) 13:30〜15:30
演 題: 連続講座「素顔の地球に出会う―人類学者たちのフィールドワーク」
人間にとってスイカとは何か
カラハリ狩猟民と考える
講 師: 池谷 和信(民博教授)
内 容: 水分補給に、食用に、時には家畜の餌に……。ともに暮らしたカラハリ砂漠の狩猟民は「スイカがあれば人は生きていける」と語ります。”砂漠の水がめ”スイカが織りなす南部アフリカの暮らしについてお話しします。
会 場: モンベル渋谷店5Fサロン (渋谷区宇田川町11-5モンベル渋谷ビル)
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
備 考: 参加費:友の会会員 無料、一般 1,000円 ※次回東京講演会は、1月の実施を予定しています。関東方面にお住まいの方には、連続講座へのご参加をおすすめしております。
定 員: 60名(要事前申込/先着順)
東京講演会は会員のみなさんへむけて開催している講演会です。
友の会入会はこちらから


 国立民族学博物館友の会は一般財団法人千里文化財団が運営しています。The Senri Foundation All rights reserved