ホームへ戻る
友の会について
ご入会の案内
お問い合わせ
機関誌「季刊民族学」
友の会後援会
東京後援会
みんぱく見学会
体験セミナー
民族学研修の旅
ミュージアムショップ World Wide Bazaar
 

サイトマップ

みんぱくのWEBサイトへ

国立民族学博物館 友の会
国立民族学博物館友の会は「みんぱく」の研究活動と
博物館活動の支援・普及のために、さまざまな活動をおこなっています。
※入会パンフレットなどのご請求は、お気軽にメールでお知らせください。

財団法人 千里文化財団とは

一般財団法人千里文化財団が活動の拠点とする千里の地は、1970年に開催された日本万国博覧会以来、国際都市としての知名度をたかめてまいりました。さらに、近年では大学や学術研究機関、文化施設などがつぎつぎと新設され、いまや国際文化学術研究都市ともいうべき、独自の知的空間を形成するまでになりました。

千里文化財団では、千里という都市のもつ特性や機能をじゅうぶんに反映させて、さまざまな事業をおこなっております。当財団は、永年にわたってわが国の民族学(文化人類学)の発展に貢献してきた財団法人民族学振興会の千里事務局を母胎として、1983年に誕生しました。千里事務局当時から1977年に開館した国立民族学博物館に対する支援事業、および各種シンポジウムなどの企画と運営をおこなってまいりました。そこでつちかわれた民族学的視点は、国際的な問題のみならず、現代社会をとりまく諸相を解く鍵として、ますます重要かつ必要となってまいりました。民族学は、こまかく専門に分化した学問ではとらえきれない問題をより総合的な視点から見なおして、解決の手がかりをしめすことができます。

千里文化財団は国立民族学博物館をはじめ各種研究機関とふかく連携をたもちながら、多面的な事業を展開し、今後とも地域社会、および国際社会に貢献してまいりたいと存じます。なにとぞご理解、ご協力をたまわりますようおねがいもうしあげます。
組織概要
● 定款
● 役員
● 沿革
● 平成28年度事業計画・収支予算書
● 平成27年度事業報告・貸借対照表
● 平成27年度事業計画・収支予算書
● 平成26年度事業報告・貸借対照表
● 平成26年度事業計画・収支予算書
● 平成25年度事業報告・貸借対照表
● 平成25年度事業計画・収支予算書
● 平成24年度事業報告・貸借対照表
事業内容
学会・研究会の運営国立民族学博物館友の会の詳細

事務所の窓から
「太陽の塔に見守られ」
調査研究調査研究事業の詳細
学会・研究会の運営学会・研究会の運営の詳細
出版出版事業の詳細
出前授業 出前授業の詳細


 国立民族学博物館友の会は一般財団法人千里文化財団が運営しています。The Senri Foundation All rights reserved